読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

マンモス校の様子

4年生

息子が現在通っている校舎はマンモス校です。そのため、授業終了後はアナウンスがはいり、アナウンスの指示に従って教室をでるそうです。

お友達と一緒に帰りたい子は、「待ち部屋」とうのがあって、そこで待ちあわせるそうです。

息子のクラスは終わりの方で呼ばれるらしく、10分ぐらいはロスしているようです。
保護者会でも室長から、「子どもとしては自然なことだけど、階段でのジャンプは禁止です」など、理解と協力を求める話がありました。

 

4年生の授業(第一印象)

4年生

2サイクルしましたが、想像以上に大変です。
授業の内容を8割以上理解して吸収していれば、なんとか1週間でまわせると思います。

学校が4年生になると6時間授業が増えるので不安ですが、春休み、夏休み、冬休みもあるし、祝日もあるし、学校は5時間授業や4時間授業になることもちょくちょくあります。

とりあえず頑張ろうと思います。

 

1月復習テスト

3年生 4年生

結果は良好!
表彰状までいただきました。

あー、組分けテストでこれぐらいとれていたら・・・。

実力は1つ1つの積み重ね、これから、これから。

 

声に出して、息子に読んで聞かせたブログ

3年生 4年生

理系パパの2019年中学受験奮戦記(現在4年) : 保護者会での話などを子供にする

夫と息子をよんで、私が声に出して読んで聞かせました。
夫は激しく納得し、息子は途中で他の部屋に逃走しました。(笑)

 

ノート

4年生

保護者会で、どの講師の方もおっしゃっていたことが、
「4年生からはノートを使います!」です。
でも、この説明がわかりにくいこと。

sapixオリジナルのノートが校舎の受付で販売されているということはよくわかりましたが、それ以外は要領を得ませんでした。

講師の立場もあるのでしょう。

しかし、受付に行って、
「新4年生のノートなんですが・・・」というと、ミニマムセットで一式でてきました。
「校舎の受付で販売されているというのはそういう意味だったのか。それだったら、説明会でもそういってくれたらいいのに。」と思いました。
でも、購入後に家に帰って考えてみたら、あの説明だけで受付に行って、「このノートを●冊、このノートを●冊、、、」と言える人は少ないので、「受付で販売している」というのはそういう意味かと、反省しました。もっと、「でーんと構えないと!」ですね。

我が家は、最初はsapixオリジナルのノートを使いますが、2冊め以降は類似の市販品になると思います。

 

新4年生向け保護者会

4年生

いつもどおり、室長の話からスタートです。笑いを取りながら、子どもたちの塾生活をわかりやすく話してくれました。

その後、各教科からの説明です。国語、算数、理科は3年生の保護者会でも話をしてくれた講師でしたが、印象はだいぶ違いました。

3年生のときは、
「授業でやったことを復習してくれればいいんですよー。それ以外は全部はやらなくていいんですよー。」というお話で、「やらなくていいということを説明する会」のようでした。

4年生は、
「授業でやったことを復習してください。それから、これとこれとこれをやってください」という感じで、「やらなければいけないことを説明する会」にかわっていました。

「大変だなぁ。我が家、やっていけるだろうか。」と思いました。

帰りに、知り合いの方同士で話をされている集団にすれ違うと、みなさん、口々に、
「大変そうだね。うちの子、大丈夫かなぁ。」と話をされていました。ちょっと安心しましたが、すぐに意味のない安心だと気がつき、ため息がでました。

親がこんな事ではいけないと思い、頑張ろうと気持ちを切り替えました。

 

新4年生のクラス

3年生 4年生

アルファベット中位のクラスからのスタートとなりました。

息子は、
「最下位クラスでなくてよかった。」と胸をなでおろしていました。

そして、私にとっても、
「あー、体に悪い一週間だった!」