運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

4月マンスリーテスト(その1)

「あーっ、もぉー!!!!どうしてそうなるのぉ???」
としかいいようがありません。

いつものように、会社で仕事をしていた私。
ふと気がつくと、もう16:20。
いつも、息子が塾へ出かけた後、学童から報告のメールが来るので、
「もう、出発したかな」
と思ってスマホでメールを確認しましたがメールは来ていません。集団保育なので、息子のことばかりというわけにはいかないので16:30まで待ちましたがメールは来ません。

迷いましたが、学童に電話をしました。すると、、、
「今、腹ごしらえをして出ようとしているところです」
といわれました。
「・・・・・」

 

ちなみに、塾は17:00からです。遅刻、決定です。
わきでてくる気持ちと言葉をぐっとこらえ、
「わかりました」

と返事をして電話を切りました。orz

どのくらいわかっているんだろう???

SAPIXの授業にあわせて、もっと基本的な問題の演習を数多くさせたいと思っています。

算数は、シリーズもので、単元ごとにまとまっているドリルを買ってお試し中です。習ってきた次の日にやらせたところ、応用問題の理解も早く、定着の一助となっていると感じました。しかし、今日、春期講習の総復習だった授業の内容をみると、結果はボロボロでした。息子よ、どうなっているのだ???

そしてなぜか、授業では全くわからなくてチンプンカンプンだった概数がほぼ完璧のできでした。概数の授業があった翌朝、見るに見かねた私が10分解説した労力が報われたことは嬉しいです。しかし、定着できたと持っていた内容が撃沈で、クラクラきています。

 

新しいクラスになったと思ったら、すぐにまたクラス分けテスト

SAPIXは1ヶ月に1回、クラス替えがあります。
子どもたちは通っているうちに知り合いが増えていくので、4年生ぐらいだとシビアな席替えのようなイメージかもしれません。
しかし、親は落ち着きません。なんかいつもソワソワ・ピリピリシている感じです。

 

春期講習の様子

息子の校舎は午後一からの授業です。
最初に午後からと聞いたときは、
「えーっ!午前中のほうがいい!午後から遊べないじゃない!」
と思いましたが、これはこれでなかなかよいです。

というのも、午前中に春期講習でお昼に学童へ帰ってくる場合、学童の他のお友達がご飯を食べ終わり、公園に遊びに行く準備をしているところへ帰ってくることになるので、どうしても遊びに心が傾いてしまいます。
これが午後一からの授業だと、午前中に塾の宿題をして、午後一は塾、塾から学童へ帰ってくると夕方になるので、そのような誘惑はありません。

息抜きができないのはかわいそうな気がしますが、母はこれでよかったと思っています。ふふふ。

 

明石家さんまさんから学ぶ ~落ち込む人は、過信している人~

私が好きな芸能人の1人に明石家さんまさんがいます。私は今は殆どTVを見ない生活をしているので忘れかけていましたが、先日、ネットサーフィンをしていたら、さんまさんの名前が目に入ってついついクリックしちゃいました。

明石家さんまさん曰く、
「己を過信しているから落ち込むのだ。『できたはずなのに』、『自分はもっとできたはず、こんなものじゃない』と、過信と現実とのギャップに落ち込むのだ」と。

さんまさん自身は、失敗をしても、
「俺はまだまだ。ここまでか」
と思って日々を過ごしているそうで、毎日毎日が自分の一番ベストな日、すなわち頂点の日だと思っているそうです。頂点じゃない時のほうがうまくいっていても、
「そういった経験も含めて頂点。」と考えているそうです。

 

息子は、私の暴走したガミガミ攻撃に耐えながら、ちゃんと勉強しています。だから、昨日より今日、つまり、毎日が息子のベストな日といえるはずです。昨日は解けた問題が解けなかったり、テストの点数が悪かったり、そういうことも含めて今日が頂点、そして明日もまた頂点の日と考えるようにしよう、と思いました。

 
私の場合は自分のことではなくて息子のことなので、過信ではなくて期待になると思います。だから、
「期待し過ぎるから落ち込むのだ、『できたはずなのに』」という感じでしょうか。

「言うは易し行うは難し」ということはよくわかっています。

 自分のブログのタイトル、「運命90、努力10」も再確認です!

 

明石家さんまさんの記事:「落ち込む人は、過信している人」

 

基本に戻ってみる(2)

仮に、SAPIXからでた宿題の中から、自分の子のレベルにあわせた問題が選択できたとします。
それで、問題数やパタンは十分なのでしょうか?
クラスが下になればなるほど、選択できる問題は少なくなります。

やる気がある子はどうすればよいのでしょう。
市販の教材を見繕って、やらすしかないのでしょうね。

春休み、仕切り直して、リスタートします。

 

基本に戻ってみる(1)

最近投稿した記事を読み返すと、「ガミガミ怒鳴っている」記事ばかりです。これは事実なので仕方がないのですが、私自身、これまでこんなにガミガミモードが続いたことはなく、自分で自分の感情をコントロールできなくなってきているような気がして怖いです。

インターネットでSAPIXの勉強のことをあれこれ調べていく中で、
「宿題は全部やる必要はない(やってはダメ)。講師の指示を参考に、何をどういう順番でするのかと、やらないことを決めるのは保護者の責任」
という記事を見つけました。これは有名な話で、私も心得ていたつもりですが、暴走していて忘れていたような気がします。