運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

3年生の算数

【授業】
デイリーサピックス(メインテキスト)の授業用に作られたページは、表と裏に同じ設問が印刷されています。表は塾でやって、裏は復習用です。SAPIXは全クラス同じテキストを使用します。上位クラスはたくさんの問題を消化できますが、下位クラスは余りたくさんの問題はやりません(やれません)。
チャレンジサピックス(計算)は、個人でどんどんやって、できたら先生が個別に答え合わせをします。クラス全体でまとめて答え合わせをすることもあるみたいです。

【息子の家庭学習方法】
デイリーサピックス(メインテキスト)は、授業でとりあげた設問やページは必ずやります。授業でとりあげなかったページは、息子ができそうだったらやりますが無理はしません。当初は土日にひぃひぃいいながらやっていましたが、10月ぐらいからは土曜日のうちにほぼ片付けられるようになりました。「ふくしゅう」のページは、授業があった次の日ぐらいから1日1ページのペースで、表を全部やります。
チャレンジサピックス(計算)は、塾があった次の日ぐらいから1日1ページのペースでやります。表・裏両方やります。
基礎トレは、毎日、決められた日の分をやります。間違った問題は、すぐにその場でやりなおします。更に、日にちをおいて再度やります。ここで一発でマルがもらえれば合格、もらえなかった場合は1回目と同様にその場ですぐに直して、日にちをおいて再度やります。一発でマルがもらえるようになるまで繰り返します。