読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

SAPIXに小学3年生から通う必要があるか(保護者会で塾からでる話)

SAPIX3年生の保護者会で、塾側からよく言われることを列挙してみました。

 

「受験勉強は4年生からです。SAPIXは、3年生では学校の先取り学習はしません。なぜだろう、どうしてそうなるんだろうと思うことを大事にしています。本来の勉強の姿です。」

 

「国語はとにかく音読をさせてみてください。成績がいいお子さんでも、読ませてみるとひどいものです。漢字の読みは勿論ですが、言葉を知らないんですね。変なところで区切って読みます。授業でも音読はやらせますが、ご家庭でも是非やってください。」

 

「低学年から通われているお子さんの方が、なんとか問題を解いてやろうという姿勢が強いです。特に算数の問題でその傾向があります。4年生以降から通塾されたお子さんの中には、解き方があるんでしょうという姿勢で、講師が説明するのを待つ子もいます。自分の手を動かして実際にやってみる(考えてみる)という姿勢はとても大事です。特に最難関校といわれている学校の問題は・・・・(後略)。」

 

「理科はどのように勉強したらいいかという質問をよくいただくきますが、授業で習ったことを子供と会話してください。よく理解できているときはお子さんは饒舌に語ります。理解できていないときは口が重いです。フォローしていただけるのであればフォローしてください。しかし、まだ3年生です。あまりやりすぎて嫌いになってしまっては元も子もありません。会話していただくだけでも十分だと思っています。」

 

「経験に勝る知識はありません。とにかくいろいろなことを経験させてあげてください。6年生の保護者の方にはこんなことはいいません(いえません)。」

 

私の記憶のなかにある言葉を、できるだけそのまま書くように努めました。SAPIXの中で統一された考えや指導もあると思いますが、校舎によって、講師によって、多少の違いはあると思います。また、私の聞き違いや誤解により塾側が意図した発言と異なる可能性もあります。それらの点はご容赦ください。