運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

5月マンスリーテスト(その3:算数、社会、理科)

間違い直しをしました。

室長先生のアドバイスどおり、濃淡をつけて・・・と思いましたが、どれもこれもきちんとできるようになってほしい問題ばかりです。トホホ。

 

【算数】
結局、私がフォローしました。リングの問題、すらすらとき一発で正解しました。
正確には、リングの(2)はテストと同じ間違いをしているのでプロセスを確認したら割り算の筆算を頭のなかで展開して間違えていたという始末。
算数力・計算力ができてくると頭のなかでできることが増えてくるので、息子は成長中なのでしょう。でも、間違わない工夫はしてほしいなぁと思いました。

 

【社会】
前回同様、高得点宣言をしていた息子ですが、普通の人でした。夫がフォローしました。

机の上で勉強したことはそこそこできていますが、常識問題が壊滅状態です。
我が家は、夫が季節やイベントにアンチな態度をとります。
息子が通っている公立の小学校は、家庭の事情、宗教、外国人の方への配慮などからでしょうか、日本の習慣や行事などにはあまりふれません。
夫や学校のせいにしているわけではありません。私も、違和感を感じつつも見て見ぬふりをしているので。
ただ、思い出や生活習慣として記憶したり自然に身につく知識を、地名と同じように暗記させるのに抵抗があるのです。

注)SAPIXの社会の問題を批判するものではありません。息子もひどすぎますので。息子のひどさは、やり直しをしているときに、息子と交わされた会話の一例からわかります。どうしたらいいのかなぁ。


息子:「さつまいもって夏じゃないの?」
夫:「違うよー」
私:「焼き芋っていつ食べる?」
息子:「僕が覚えているのは、10月とか11月とか1月とか2月あたりかな。」
私:「季節でいうと秋、冬だよね。秋に収穫して秋から冬にかけて食べるんだよ。」

息子:「えっ!?そうなんだ。」
夫:「安納芋はね、収穫してしばらくねかすんだよ。そしたら美味しくなるから。だから12月ぐらいから食べるでしょ。」
息子:「へぇー。」

 

夫:「かがみ餅ってなんだかわかっている?」
息子:「知らない。」
夫:「いつのものかもわからない?」
息子:「だから知らないって。」
夫:「お正月だよ。こういうの、見たことない?」
(夫と息子でスマホを見ながらゴニョゴニョ会話)
息子:「これ、食べれるの?美味しいの?」
夫:「だからお餅だって言ったでしょ。」
息子:「えっ、お餅なの?」

 

ひ、ひどすぎる。。。

 

【理科】
こちらも前回と同様、高得点宣言をしましたが、普通の人でした。夫がフォローしました。暗記ものを、単にもう一度やり直しをさせるというナンセンスなことをやっていました。案の定、☓のオンパレードです。

「もっと考えてやれよ!」と思う私です。
夫にも、息子の勉強をどうフォローしていけばよいのか、身につけていってほしいものです。時間切れでフォローはゼロでした。