運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

学習相談

5年生、6年生のお子さまがいる先輩方のブログを拝見すると、「学習相談が有効」、「参考になった」と書かれている方が多いので我が家も使うことにしました。

 

国語と社会の先生からは、授業中の様子や理解度をふまえた上で、こういうことを頑張ってくださいと有効なアドバイスをいただきました。有効といっても、常日頃から私も思っていて、息子にも声かけしていることではあるのですが、先生に相談してよかったと思える話ができました。

 

算数は、あぁいう物言いでは気分を害される方もいるのではないかと思いましたが、我が家は他教科に比べて成績がよい教科なのでポジティブに受け取り、このままのやり方を続けようと思いました。

 

理科は、、、SAPIXの理科ってやっぱりいまいちなの?と思ってしまうようなやりとりになってしまいました。例えば、先生はできるようになってほしいことをおっしゃるのですが、そんなことは我が家でもわかっているのです。どうしたら息子がそれができるようになるかが聞きたいのですが、それに対する現実的な答えや突破法(アイデアや手段)をもっていないのです。

息子曰く、その先生の授業はわかりやすいとのことで、DCの点数も上がってきています。この先生に限って言うと、「教え方がうまい→成績アップ→そもそもの悩みが解消」で解決するのかもしれません。

しかし、保護者会などのイベントで話をされる理科の先生で「いいな」と思う先生がいません。3年生から通っていて、いろいろな場面で「あらららら・・・」と思うことが多い教科なだけに不安が募ります。成績がよくない教科なので、負け犬の遠吠えになってしまいますが、なんとかのりきらないとと思って迷走中です。