運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

自殺、引っ越し、転校、やめる

前回の記事に、息子が「はりきって勉強している」、「楽しそう」と書きました。

そう、あのころは息子も笑顔、私も笑顔、とてもいいスタートでした。
息子は自ら「やることリスト」を作成して学童へ持っていき、済んだらリストの先頭に書いた□に色を塗って■にしてご満悦でした。
私は、「あぁー息子も成長した、このまま夏休みを乗り切れば、万事うまくいく」そう思っていました。

しかし、甘かった。(TT)
気がついたら雲行きが怪しくなり、昨日は大荒れで帰宅後は勉強そっちのけで大喧嘩です。日付が変わりました。
息子も疲れてきたのでしょう。それに、学童通いなので、楽しく遊んでいるお友達の顔をたくさん見ながら塾へ行かなければなりません。いくら塾が楽しいと言っても、ストレスがたまるでしょう。

息子の悪い病気が再発しました。
「やっていないのにやった」と嘘の報告をしたり、自分でやるといって作成した「やることリスト」をわざと紛失して「やることがわからなくてできなかった」と報告したり、目に余るのでガツンと言ってやりました。

 

さっき仲直りはしましたが、今回の喧嘩はひどかったです。
「塾をやめろ」という私に息子は、「辞めさせられたら自殺する」と言い出したかと思うと、「もうストレスだ!辞めるよ!そのかわり、引っ越しして転校させてよ。転校したらやめるよ。」とか、本当にひどい言葉が飛び交いました。

いろいろなことを覚えて、その知識をお披露目したいのはわかるのですが、ひどすぎました。orz