運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

お母さん、話があるんだけど、、、

学童から家に帰る帰り道、息子からの告白。
「お母さん、話があるんだけど、、、」
「何?」
ドキドキドキドキ。

 

「僕、中学受験に向いていないと思うからやめたい」
「(ヒョーーー!!!落ち着け私!落ち着け!)
そうか、今日はそういうことを考えたんだ。色々と考えることはいいことだよ。自分のことだからね。人任せにしたり、いいなりになるなんてダメだもんね。でもね、あなたはこの間、塾をやめさせられたら自殺すると言ったんだよ。やめてあげるからそのかわり引っ越しと転校をしてよ、そしたらやめてあげると言ったこともあったんだよ。だから、お母さんは何を信じたらいいのかわからない。しばらく様子を見て考えよう。一回やめたら元には戻れないからね。どう?すぐに答えが出そう?
(あー、私、大人!満点じゃないかもしれないけど上出来上出来!(^o^)v)」
「うん、一ヶ月はかかる。」
「そうか。じゃぁね、この一ヶ月は死ぬほど頑張るんだよ。必死に頑張らないと答えは出ないよ。必死に頑張るからわかるんだからね。」
「うん、わかった。」
「(キャー、私、すごい!)」

 

しかし、帰宅後がダメだった。

「もう少し自分でできることを増やしていこうね。二分の一成人式でしょ。そして5年生でしょ。いざこざが絶えない原因の一つは、自分でやらなければいけないことをお母さんがやっているからだと思うんだよね。塾は大変で親のサポートが必須だけど、学校のことはもう自分でぜんぶやりなさいね。お母さんが一行日記書いた?と聞かなかったら、書かないでそのまま忘れてやらなくなっていたかもしれないでしょ。そういのはなしだよ。」
からはじまり、ダラダラ話してしまった。

 

せっかくの帰り道のいい雰囲気が、これで上塗りされておじゃんだ。
あー、自己嫌悪。

 

運命90、努力10