運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

4年生9月の保護者会(その5:室長先生の話)

■組分けテストについて

範囲のないテスト。何を勉強すればよいかと聞かれるが、何もしなくてよい(笑)。

 

サピックスオープンについて

(知識の定着と理解の到達度を確認する)マンスリーテストとは趣向が異なる。
自由に発想して答える問題となっている。
おそらくこのような問題には初めて取り組むことになると思うので、是非受けてほしい。
例)物語の登場人物へお手紙を書いてください。

このテストをきっかけに、これまでの各教科の学習に対して思っていたイメージがかわり、志望校選定のヒントになった子もいる。

 

■これからの勉強について
これまでの授業は、家で保護者の方がフォローできたと思うが、だんだんとそうはいかなくなる。
例えば、算数は小5の夏で受験に必要なことを全て履修し、受験勉強にはいっていく。
保護者の方は、問題を解けても小学生にどのように教えたら良いかまで分かる人は少ない。授業に参加して集中して聞くように。板書以外の(自主的な)メモも重要だと思っている。

 

■志望校について

首都圏の傾向として、今の4年生は中学受験の傾向が強い。

5年の秋頃になると、子どもの趣向がはっきりとしてきて、この学校がいいななぁというのがわかってくる。4年生ぐらいの子どもだと、飴をもらったとか、風船をもらって嬉しかったという話になってしまう。

偏差値表は合格確率が80%の平均である。サピックスには合格確率50%の偏差値表はないが、80%の値から-8したぐらいが目安。

偏差値表を見て学校を決めないように。これは6年生の秋以降に(受験校を決定する際に)使用するもの。(現時点では)目標にしてはげむという使い方でお願いします。

近年、人気がでてきたり注目されている学校を数校あげて、一言二言のコメントがありました。興味深いお話でした。

 

■おきまりのお願い

子どもたちが塾の授業に参加して集中できるように、笑顔で送り出してほしい。特に、男の子。喧嘩して出てくると、教室にはいるのも一苦労。

 

#男の子って、気持ちの整理が難しいんですね。息子が特別めんどくさいわけではないとわかって安堵しました。