運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

文化祭で何かわかる?

我が家は、息子にいろいろなことを考えてもらうきっかけ作りのために、夫を連れて家族3人で文化祭めぐりをしています。

今年は9月に3校まわりました。11月に開催する学校も2,3校まわろうと思っています。

11月に訪問する学校の受験は全く考えていませんが、学校を比較する上でのヒントになるかと思いまわろうと計画中です。

 

ところで、文化祭を見て回る意味は本当にあるのでしょか?

諸先輩方のブログを拝見すると、「ピピっときた」とか「居心地の良さを感じた」という学校がある方もいらっしゃいます。しかし、我が家はそのような学校にはまだめぐりあっていません。どの学校も、それぞれに良い学校に見えます。夫に聞いてみましたが同じ感想です。

行ってわかったことといえば、校舎や校庭、プールや図書館といったハード面、所在地の確認や学校がある街の雰囲気ぐらいです。学校の雰囲気は、何かイメージをもって行ったら、イメージと違ったとか一緒だったというのがあると思いますが、イメージ無しで行くと「ふーん」で終わります。

親が勉強不足でしょうか。

 

学生に話しかけている方もいらっしゃるようですが、特に話しかけるタイミングも話題もありません。きっと、熱望している学校であればいろいろあるんでしょうね。

 

来年は、積極的に学校説明会へ参加しようと思っています。その上で、改めて文化祭などの訪問をする学校をきめたいと思っています。

 

ちなみに、息子の訪問記録の○☓△は、「楽しそうか」、「偏差値が高いか」の2つで評価しているみたいです(笑)。