運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。

12月のマンスリーテスト (結果)

結果は悲惨でした。

 

算数はもうすこしできてほしかったです。これまで、算数だけでクラスを維持していたので。

国語は説明文の選択問題は全問正解でした。筆記が0だったのは残念です。物語の問題は惨敗でした。漢字や言葉ナビの問題は、そろそろ満点かそれに近い点数をとってほしいです。成績は今までよりも少し悪かったです。

理科はインターエデュでは簡単だったという評価でしたが、息子の成績はあまりよくありませんでした。

社会はインターエデュでは難しかったという評価でしたが、息子は点数・偏差値ともよかったです。今までで一番良かったです。

4教科合計としてはあまりよくなく、クラスは4つおちました。

 

「1月の組分け、頑張ろうね」といってあります。

 

息子のインフルエンザが完治したらマンスリーテストでした。
息子はインフルエンザ後半は体力も回復し、家でダラダラと勉強をしていました。
息子にインフルエンザをもらった私は会社はお休みしていたので、息子の勉強を見ましたが、よくできていました。ゆっくりと勉強できて、インフルにかかってラッキーだったと思っていたぐらいです。だから、インフルエンザのハンデはなかったと思っています。

しかし、マンスリーテスト後、12月は体調をくずして通院ばっかりだったので、息子の体はかなりしんどかったのかもしれません。インフルエンザのハンデがあったかなかったかはわかりませんが、息子にテストの結果についてあれこれいうのはやめようと思います。

 

運命90、努力10