運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

新5年生 保護者会

各教科の先生から、「ノートを使った授業を開始します」という話がでました。

 

【算数】
受験に必要な単元(基礎)は5年生で終わる。

・デイリーサポート(授業)→デイリーサピックス(家庭学習、家庭学習は数値を変えた演習問題)

・DCは4年生のときは10分程度の内容で100点満点だったが、5年生は20~25分程度でやる内容で200点満点になる
 うち50点は基礎トレから出題

・KTTは大問1は基礎問題だから間違った場合は対策をうつ
 大問2,3は標準レベルの問題だがコースによっては扱わない問題もある
 大問4は思考力が必要な問題となる(テスト、家庭学習で時間をかけすぎないように。やらなくてもよい?)

・テキストAの1~3は家でやる、4,5は入試問題なのでやらなくてよい(更に5は思考力が必要となる問題)

 

【国語】
国語の先生の話を聞いて、あまり息子にやいやいいって型化させないほうがいいなぁ、と反省しました(先生の話は、そういう話ではなかったのですが、私は思うところがあってそのように考えました)。

 

【理科】
「勉強のメインは算数と国語、理科は余った時間を有効に使ってやってほしい」とおっしゃっていました。保護者は苦笑いしていました。
学習の中心は算数と国語、理科は生活の中心ともおっしゃっていました。

・ノートは2冊持ってくるように(授業用、家庭学習用)

・テストは2種類になる
 コアプラスのテストとDC
 DCは大問1は満点をとるように、大問2は入試問題、大問3は季節のもの、合計で70-80はとるように

・抽象度がますので、定着に時間がかかる(家庭学習の時間がかかるという意味ではなく、理解するのに1ヶ月とかかかるという意味)

・「授業で学習した内容」と「過去の内容」の2本立ての学習が必要になる

・家庭学習のススメ方(授業)
 ノートをみる
 テーマと書いてある説明のページを読む(ノートをみた後に、大事なところに線をひきながら)
 PCをやる(答えを見ながらやる)
 確認問題をやる(大問1問ごとに答え合わせと直しをする、直しは解説を見て大事だと思うことを書くとよい)
 テスト前はノートをみて勉強をする

・コアプラス
 No.10から使う
 直前に学習しない、2週間前に先取り学習をして定着を確認する
 口に出したり書いたりして覚える
 毎日やる

・DS
 毎回6枚ついている
 ①はDCの類題、②④⑥はその回に習ったこと、③⑤は過去の内容

・新小学問題集は余力がある人が買ってやるもので、今年の6年生でも持っていない人のほうが多い(買わなくて良い)

 

【社会】
理科と同様(コアプラス、ノート2冊)

 

【室長先生から】
受験日に学校にこないようにとお願いがありました。見学にくる親子がいるそうです。連れてきたお子さんは理解できてないので、たいていはそこらを元気よく走り回っているそうです。
ひぇー。。。
ていうか、走り回っている子の親はそこで何をしているの?
学校もあるし、そのようなことを思いつくこともできませんでしたが、怖い。。。