運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。

新5年生の授業

新5年生の授業が1週がまわったところです。

保護者会で話があったとおり、全教科、板書をノートに書いてきました。
息子のノートをみると、先生の優しさを感じます。1時間の授業の割に書いてある量が少ないです。

4年生に比べて勉強量(教材としてわたされる量)は増えます。知識や基本の定着をはかるための問題やテキストが追加されていて、4年生のときよりも手厚くなった感じがします。

息子は、1週目は3連休に救われ、なんとかまわりました。今週からは2週目にはいります。理科や社会と漢字は1週間をとおして少しずつやるようにしているので、なんとか今週をうまくまわして次週につなげたいです。

息子が一番四苦八苦しているのは、漢字です。「漢字には意味があるんだよ、それから覚えないと、、、」と、私は1年生のときから言い続けていますが、息子はそういう勉強はしていないようです。これから同音異義語とかたくさんでてくるのに、大丈夫かなぁと心配です。


運命90、努力10