運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

どこの校舎がよいか

息子の志望校をどうしようかと思い、ネットで気になる学校を調べていたらインターエデューにぶつかり、同じページに表示されるスレに脱線しました。
2018年1月2月の結果をみて、SAPIXのどの校舎に通うのが良いのかを議論するスレです。
息子が通う校舎の話もでていて、それがそのとおりなのに驚きました。他の先生や校舎の話題もきっと正しいのでしょう。
すごい!

 

このスレで語られていることとは違う話ですが、我が家も塾をきめる時に、塾の名前と通塾圏内の校舎を並べてあれこれ悩みました。

我が家が一番大事にしたことの1つに、「同じ学校のお友達がたくさん通うところはさけたい」というのがありました。というのも、息子の同級生には相性が悪い子が何人かいます。そういう子と同じところに通うことになってトラブルに巻き込まれると、学校の生活も塾もダメになってしまう可能性があります。それは避けたいと思いました。

当時、SAPIXをネットで調べたところ、「どこの校舎でも一緒。近いのが一番。」「開成を狙うのであれば東京校がよい」「こだわるなら東京校」という情報が集まりました。

おそらく、学校のお友達は最寄り校に通うでしょう。だから、我が家は、通塾圏内にある最寄り校以外の校舎に通うことにしました。

 

通塾を開始すると、生活が一変します。学校でも、3年生の2月3月はその話題でもちきりで、誰かが話し出すと、我も我もと皆が口々に自分の話をしたそうです。息子から聞いた話だけでも、思ったより多くの子がSAPIXに通っていました。他の校舎にしてよかったと思いました。

しかし、しばらくすると、1分でも早く塾から帰宅できる最寄り校が魅力的に思えてきました。でも、魅力的には思えたものの、私は息子の校舎をうつすことは考えませんでした。懸念したとおり、相性が悪い子が最寄り校に通っているからです。

さらにしばらくすると、塾での成績を必要以上に学校に持ち込み、問題発言・行動をする子がでてきました。なにかにつけて同じ校舎に通う子にからみ、塾のクラスをもちだして、「お前はバカだからなぁ~」と言うようなことを言うそうです。
「よかったぁ~、違う校舎で。」と思いました。

息子はある時期、「皆と同じように最寄り校に通いたい」といい出したことがあるのですが、今は「同じ校舎でなくてよかった」と言っています。

 

中学受験率が高い公立小学校に通うご家庭では、学校のお友達がたくさんいるところがよいのか、できればさけたいのかということも考慮して、塾や教室を選ぶことをおすすめします。

 

【ご参考】
SAPIXの校舎ごとの実績
https://sites.google.com/site/sapixer/