運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。

国語辞典をやっと買い替えました

4年生の夏休み当たりから、「辞書にのっていない」ということが度々あって、ずーっと買い換えなきゃと思っていました。どれにするのか決められず、先伸ばしになっていましたが、ついに今日、購入しました!

 

【新しく買った辞書】
学研 現代新国語辞典 改訂六版

 

【選考方法】
ネットで評価が高いものをamazonで購入してもよかたのですが、辞書は手にとってみたほうがよいだろうと思い、本屋をまわりました。息子は、知りたいことがのっていればなんでもいいというので、私の独断で決めました。

本屋でやったことは、それぞれの辞書で「不和」を調べました。深い理由はありません。朝、息子がやった漢字の問題で「不和」の反対語を答えさせる問題があったのですが、息子が使っている国語辞典は意味と例文のみで反対語がのっていなかったのを思い出して、試しに調べてみただけです。

本屋に並ぶ辞書を順番にひいたところ、「学研 現代新国語辞典 改訂六版」のみ、反対語ものっていたのでこれにしました。

ちなみに、ネットで評価が高い国語辞典は、ベネッセ、明解新国語辞典(三省堂)です。岩波も無難で癖がなくいいそうです。ベネッセは、SAPIXの先生にすすめられたという情報がありました。

今日、まわった本屋にはベネッセと明解新国語辞典はありませんでしたが、三省堂の他の辞書や新解さん、角川、岩波など無難なものが数種類おいてありました。

 

【帰宅後】
購入した辞書の中身を改めてみました。なかなかよい辞書です。例えば、たいしょう(対象、対照、対称)の使い分け方が辞書内に別枠で記載されています。そして、掲載されている同音異義語の使い分け方が索引化されていて、索引からもひけるようになっています。類語一覧もあります(SAPIXの4年生のB教材の語彙のページのようなもの)。

息子がこれらを使うかどうかはわかりませんが、小学生だった頃の私は辞書のこういったページが大好きで、学校の休み時間や先生を待つ時間などに読みふけっていました。

購入した辞書のネットの評価を確認したら低めでした。第四版や五版の評価のほうができがいいと書き込みがありました。あららら。。。

でも、私はこの辞書を気にっているので、息子はこれでがんばります!

 

運命90、努力10