運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

最近の息子の学習で気になったこと

もうすぐGWです。GWの最終日には音楽教室の発表会があり、その次の日はマンスリー、マンスリーがあった週の週末はSOです。

息子の勉強をみていて、気になったことです。

 

・算数
数の性質を使って論理的に計算して出せば良い問題を、ひとつひとつ書き上げて解答しているのを発見しました。

私はこの手の問題はその子の能力に応じて解くのが良いと思っています。だから、数を書き上げて解くのはありだと思います。
しかし、息子の場合は塾で数の性質を学んでおり、基礎トレの模範解答や私の説明で、何度も論理的に計算する方法を学んでいます。説明後に、「最初から自分で解いてごらん」というと模範解答どおりに解くのですが、時間をおいて同種の問題にでくわすと、また、書き上げて解いています。

私のみたてでは、息子は条件を咀嚼する能力が低いです。算数として、問題をとおして練習をすれば身につけられる程度の内容です。SAPIXのいろいろな教材で何度も練習をする機会を与えられているので、意識して練習すればよいのですが。。。

 

・国語
漢字の学習で「ズル」をしているのを発見しました。本人的には「ズル」ではなく、「僕って頭いい(要領がいい)」と思ってやっていたみたいです。嫌味をこめてネチネチと注意しました。

 

・理科
DSの季節の植物・動物・星などの問題は、同じ問題が1週間以内に再登場することがあります。息子はそこで、同じように間違います。(TT)
勿論、1回目めに間違った時にきちんと確認して直しています。

それから、今日の理科のDSでは、アサガオやヒマワリの冬越しを「小さな姿で」と書いていました。
「1年生のときに学校でアサガオを育てたよね。花が咲いたのはいつ?その後、どうなった?それで?」と質問をしたら、
「あー!!そうだ、そうだ。そういうふうに考えればいいんだ。」と意味不明な発言をしていました。
「ヒマワリもそうだよね?(後略)」
と話をしましたが、多分、ヒマワリの話は聞いていないでしょう(トンネル)。
経験がまったく学習に活かせていない・・・(TT)
息子の頭の中はどのようになっているんだろうか。

 

・社会
地図(場所)はそれなりに覚えています。しかし、点々の知識を結びつけて、論理的につなげていくところが弱いです。

関心したのは、都道府県の形を見て県名が答えられるようになっていました。一度もそのような勉強はしたことはないのにすごい!
「いつ覚えたの?」と聞くと、「こんなの普通に自然に覚えるでしょう!」と返ってきました。
「すごい、、、本当に私の子?」

 

・全体
保護者会では、理科や社会は算数と国語の勉強の合間、すきま時間を使った学習をといわれていますが、息子の場合、算数>理科>社会>>国語となっています。

算数の宿題は真っ先にするし、やり残しがあるととても気にして真っ先にそれから取り組みます。
一方の国語は、DCのやり直しが仕掛中でも気にならないようで、次の授業の直前までできていないこともあります。せっかく質問教室に行って先生に教えてもらっても、「家でやり直しがあるんだよねー。やらないとねー。」といって放置されています。(TT)

 

運命90、努力10