運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

学校選び

以前、室長先生から、「5年生の夏休みぐらいまでに志望校を絞り込めるとよい」という話がありました。そして、その時期が差し迫っています。

 

遅ればせながら、私もこの春に、SAPIX主催の学校説明会にデビューしました。通学圏内にある学校は可能な限り参加しました。それぞれの学校にイメージを持つことができ、有意義なイベントでした。特に、その学校で開催された説明会の満足度は高かったです。実際の校舎や施設、生徒、先生を生で見ることができ、先生方と直接お話ができる学校もありました。まさに百聞は一見に如かずだと思いました。

先輩方のブログを拝見していると、3年や4年から学校説明会に参加されている方もいるようですが、会場内などで交わされている保護者同士の私語から察するに、6年生の保護者が大半だと思います。息子が通っている学校のSAPIX率は高いですが、誰にも遭遇しませんでしたし(夫が参加した広尾学園では、塾の友達と学校の友達に遭遇したそうです)。

 

息子の成績はボリュームゾーンです。時代の価値観で人気が左右されてアップダウンしている学校が含まれます。昔からある伝統校、進学校もあります。

 

ペーパーテストの入試に偏差値は無視できませんが、偏差値で選択肢を絞り込みすぎないようにして、息子が6年間、楽しく通える学校、そして息子を成長させてくれる学校をピックアップしていきたいと思います。

 

#直近にあった組み分けテストの成績、夏休み前にある保護者会での先生からの内容も大事ですね。

 

運命90、努力10