運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

5年生 7月 復習テスト(勉強~自己採点)

今回の復習テスト対策は、息子が自分で考えてやる予定でした。
これまで何度かブログに書いたように、月例テストなどの直しがたまっていて、息子は負債を抱えている状態です。塾の宿題をこなすのが精一杯の様子でしたし、
「授業の宿題を優先させる。月例テストの勉強がしたければ自分で考えてやって。相談にはのるよ。」
というスタンスでやろうと思っていました。
復習テストだからクラス替えは発生しないし、夏休みに反省・実行できる機会もあるし。。。

 

しかし、息子のあまりのマイペースさに私のイライラがつのりました。警告を発するもマイペースなまま。そして7月20日 終業式の日の午後、ついに私がぶちぎれました。そして、復習テストまでの2.5日間、私のたてた計画に従って勉強することを息子に誓わせました。

私は授業の宿題とテスト勉強の計画をたてて、時刻で区切ってあおるように勉強をさせました。といっても、土日の夕方は実験教室で実質エンドレスな天体観測があったので両日ともに朝から16:00ぐらいまででしょうか。

それでも息子はマイペースさがぬけきらないので、私の反感をかい、途中、私の説教で勉強が中断する一幕もありました。説教の時間は半日で30分から1時間弱ぐらいでしょうか。あーもったいない。

怒りが頂点にきた後での強行手段です。感情的な部分があったことは否定できません。やりすぎかなぁ、息子の精神状態は大丈夫かなぁと、不安・心配もありましたが、中途半端な方針転換は逆効果です。期限付きだしなんとかなるだろうと続行しました。

 

復習テストの結果は、自己採点ではいつもよりも得点できていました。でも、問題を見ると、いつもよりシンプルです。みなさんも得点できたのではないでしょうか。インターエデュでも、いつもより得点ができたとコメントをしている方が多かったです。

出席率があまりよくなかったという書き込みもあったので、偏差値や順位よりも、自分の到達点を確認して補完するようにしていこうと思います。

 

運命90、努力10