運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。

3連休と文化祭

金曜日から息子に言っておきました。
「3連休はいろいろな学校で文化祭があるので行こうと思っている。お父さんかお母さんが説明会に行ったことがある学校だと、海城、本郷、芝、攻玉社。でも、絶対に行かないといけないわけではないからね。文化祭に行くと勉強時間がなくなるよね。勉強の進み具合をみて、行かないという選択肢もあるよ。行きたかったらちゃっちゃと勉強しなさいね。そうでないと、あなたはお留守番で、お父さんとお母さんで行くことになるかもしれないし。」

最後の2, 3言、言わなくてもわかってくれれば嬉しいんだけど、こんなふうに言わないと息子には伝わらないのです。

 

話を文化祭に戻すと、先週、浅野でやる気スイッチがはいるはずだったのにうまくかなかったので、今週こそと思っていました。ねらいは海城です。海城は昨年も行きましたが、息子がバスケット部の試合観戦にはまり、あまり見て回れませんでした。

 

私の計画だと、土日で海城と本郷でした。勉強が思うようにすすまなかったら、本郷はあきらめる、でした。金曜日の夜、塾から帰ってきた息子と改めて文化祭の話をしたら、
息子「僕は本郷に行ってみたい、行ったことがないから。海城は昨年行ったからだいたいわかる。」
私「海城はバスケの試合ばっかり見てたじゃない。両方行ってもいいんじゃない。」
息子「あっ、そっか。そうだね。。。でも、勉強ができなくなる。」
私「・・・」

 

会話の流れで海城に連れて行くのは難しくなりました。。。ということで、息子の意思を尊重して、土曜日に本郷に行くことにしました。

 

運命90、努力10