運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。

平面図形

平面図形(1)はある程度は理解できているものの、計算力が今一歩であることと、図形の軌跡の細かいところが想像しきれないことが気になります。前者は慣れよ、後者は典型問題を繰り返しやるところからはじめましょうというのが私の所感です。

A教材の復習問題の出来をみて、必要があればBASICをやらせようっと。。。時間があるかどうかが問題です。

 

というのも、楽勝だと思っていた平面図形(2)「相似」でもつまずきました。

はじめての単元だから楽勝だろうと思っていたのに、意外や意外、つまずきまくりです。相似の性質を使った基本中の基本に毛が生えたような問題で
「お母さーん、教えて!」
という始末です。

息子がいうには、授業でわからなかったのでその場で先生に「わからない」といったそうです。先生はその場で少し教えくれたそうですが、まだ理解はできなかったそうです。でも、「時間がない、時間がない」を連発する先生に、それ以上は食い下がれなかったとのことです。

 

「そういうときは、授業後の先生をとっ捕まえて、居残ってちゃんと教えてもらえ!」

 

今朝はそのことに起因して一悶着ありました。久しぶりのいざこざです。息子の成績がアップしたことで、親子ともども気持ちに余裕ができたのでしょう。私もいろいろと思うことはありましたが、大声を上げるには至っていませんでした。平和な毎日だったのに、昨日からきなくさくなり、今朝、ついに爆発しました。

 

質問教室で算数を聞くのは効率が悪いので、息子には、お母さんがわかることはみてあげると言っています。しかし、それは宿題の話です。授業の内容がその場でわからないなら、授業後に先生をとっつかまえて聞くぐらいの厚かましさと積極性を身に着けてほしいです。「家でお母さんに聞けばいいや」という甘えがあるのでしょうか。

お母さんはいつまでもあてにならないんですけどー。

 

運命90、努力10