運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

5年 1月組分け(新6年) 結果(その1)

採点・集計結果がアップされました。
算数、理科、社会は自己採点どおりでしたが、国語が大幅ダウンしました。
息子が「どこを間違えたのか確認したい」というので(おっ、やる気になったか!?)答案をダウンロードして確認したら、目に入ったのが大問1の漢字。
息子としてはあっていると思って書いた漢字がバツバツバツバツ・・・。
 
字が汚い、雑い、ということでバツになったようです。1問ではありません、複数問ありました。この●点があれば・・・(TT)
 
以前、ネットの記事で、急にお子様がうっかりミスをしなくなったという投稿がありました。
保護者の方が不思議に思ってお子様に聞いたら、
「本当にもったいないと思うようになったらしなくなった。」
と返ってきたそうです。
字の汚さも同じ、いくら私がブチ切れたところで、息子が自覚してくれないと治らないのでしょう。
わかっちゃいるけどブチ切れました。ネチネチネチネチ、ガミガミガミガミと大声で。
 
運命90、努力10