運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

テストが悪くてシュンとした子供を叱った途端、せっかくの反省気分は消失!?

ブログのタイトルは、「勉強時間をどうやって増やすか?」ですが、子供が持ち帰った成績表への親の対応が勉強になりました。
 
私が勉強になるなぁと思った内容は、子供なりにテストの点数が悪ければ反省するものだが、それを親が叱ると子どもは被害者気分に陥る。被害者になれば反省の念など生じない。親は心で鬼になっても言葉や態度に出すな。「次頑張ろうね」と優しく対応するのがベスト。
子供は怒られると思っていた相手にこのように優しく言われれば、自分もなにかしなくてはと思うだろう。
という内容です。

ここからは私見ですが、子供が「怒られると思っていた」というところがポイントだと思います。つまり、これまでこの件で子供を怒ってきていることが必要ということです。私はこの作戦を実行する資格があります。フフフ。
女優になれるかな?
 
運命90、努力10