運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

GS特訓

最初は受けない方向で考えていましたが、10連休なこと、息子に「どうする?受ける?」と聞いたら、

「そりゃー受けるでしょう。僕、勉強したいから。」

と、まっとうで前向きな返事が返ってきたので受けることにしました。

 

先日、クラス発表の紙をもらってきました。

我が家は、正直に志望校を書いて、志望校にあったクラスにはいりましたが、これで本当によかったのかどうか。現実的な範囲でSAPIXが力を入れている学校名を書いて、優秀な子や先生に囲まれてやったほうがよいのではないかと思いだしました。

一方で、GS特訓はレベルが高すぎて消耗するだけという声も聞きます。ハイスペックな子たちと一緒にやるよりはそこそこのクラスで授業の恩恵を十分に被るほうがよいのではないかとも思います。

悶々としています。

 

GS特訓がはじまって、クラスが合わないようだったら、塾に相談してみようと思います。

 

 

運命90、努力10