運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

5月マンスリーだけど

最近、基礎トレの出来が悪い。

息子の能力的な問題、運動会の練習による体力的な問題もあると思うが、それよりも学校生活のストレスによる疲弊が大きい。

 

 なにがストレスなのかというと、4月の時点で既に、いつ学級崩壊が起きてもおかしくない状態になっている。生徒同士の暴力も何件かおきている。息子が加害者になることはないが、要領が悪いので被害者になることがある。偶然、隣の席だった、偶然とおりかかったというだけで被害者になってしまうぐらい、息子の学校はあれている。息子は巻き込まれないように、被害にあわないように気をつけているが、先日も危ない怪我を負って帰ってきた。勘弁してほしい。

 

それにしても、習慣は恐ろしい。あまりコンディションがよくなくても、息子はとりあえず机に向かい教材を広げ、何がしかの勉強をしている。

ずーっと鼻歌を歌っているのであまり集中はできていない。口数も多く、なんかかんかと私に話しかけてくる。

「やる気がないならやめなさい。時間とお金がもったいない。」

このぐいらのことは何度か言ったが、息子なりに頑張っているので、私も頑張って話し相手になったり流したりして、極力お小言は控えてぶち切れないようにした。

こういう状況でうける今日のマンスリーは、かなり不安だ。

 

今朝、起きると天候がずいぶん悪かった。

「今日は天候が悪いし、テスト勉強はできていないし、学校は遅刻または休ませてテスト勉強をさせてみようか」

そういう考えが私の頭をよぎった。

午前中はSAPIX主催の芝中の学校説明会に申し込んでいたが、学校主催の説明会は今後もあるから、そちらに参加しても良い。

「もし学校を休んだとして、何をする?社会は漢字の詰めが甘いので、やれば得点が上がるかもしれない。」

などなど、考えた。

でも結局、息子はいつもどおり学校へ、私は芝中学の説明会に参加した。

遅刻または休んで勉強すれば、目先のマンスリーの点数は少しばかり上がるかもしれない。しかし、息子がやる気を出してガンガンと勉強をしているときならともかく、今のコンディションでそこまで勉強をやらせる意味があるのか。悪い習慣が身につくのも嫌だ。

 

芝中学の説明会の帰りに、奮発してお高いシュークリームを買った。今日のおやつだ。

これで気分が盛り上がるといいんだけど。

今日、学校でストレスフルなことが起きていませんように。

 

 

運命90、努力10