運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

慶応普通部(再稿)

今朝、同タイトルで投稿をしたのですが、PCの動きが鈍くなり、あれあれ?とあたふたやっていたら、投稿した記事を削除してしまいました。再投稿です。
 
慶応は、我が家からすると気後れがする学校です。
しかし、せっかくの機会だからと思って慶応普通部の文化祭(労作展)に行ったことがあります。他の学校の文化祭とは違って、文化祭とは本来はこういう姿なんだろうなぁと思う内容でした。文化祭は学校生活のほんの1コマですが、息子が楽しくやっていけそうな気がしました。我が家でもご縁がいただけるのか、ご縁をいただいたとしてやっていけるのかと思うようになりました。そうしたら、
「慶応を考えているのなら、高校の文化祭も見学したほうが良い。」
という話を聞きました。高校の文化祭まで出向く余裕はないので、スキマ時間にネットで調べていたら、以下のブログをみつけました。
読んで笑いました、男子です。
確かに、普通部の文化祭とは大きくイメージが異なります。
息子はこれらを許容してもらえる範囲で楽しむ器用さを持ち合わせていないので、残念ですが、ご縁のない学校だと思いました(笑)。
 
高校で多くの生徒を募集する学校の受験を考えている場合は、中学だけではなく高校の様子も確認したほうがいいですね。。。
 
 
ちなみに、このブログを書かれている方は、ご子息が高校から慶應義塾高等学校に入学されたとのことで、この他にもいくつか、慶應義塾高等学校の様子がわかる記事が投稿されています。
息子が中学で慶応を受験する予定はありませんが、個人的にこのブログが好きで、
継続して拝見しています。
今朝は、クラス替えの話が投稿されていました。
慶応といえば、結束力が有名です。
幼稚舎(小学校)は6年間クラス替えがなく担任ももち上がりで、家族のようになると聞きます。中学・高校と、縦に横にと、濃いお付き合いをしてかたく結ばれていくものだとばかり思っていました。
想像していたのと違いました。
想像と違うこと、いっぱいあるのでしょうね。
 
 
運命90、努力10