運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

Google HOME Mini

夫が趣味と実益を兼ねてせっせとためたポイントで、「Google HOME Mini」をgetしました。Google HOME Mini」は、
「OK、google ! 今日の天気は?」
と話しかけると、
「今日の○○の天気は、・・・」
と答えてくれる、スマートスピーカーの一種です。
 
設置場所をリビングにしたところ、リビング学習をしている息子が勉強をしながらいろいろ話しかけたようで、夕方にはコツを覚え、使い方を開拓していました。例えば、次のような使い方をしていました。
・タイマーや時刻のお知らせの設定(ON、STOP、OFF)
・漢字の要や言葉ナビで、意味がわからない言葉がでてきたらその場で聞く
・社会や理科の学習で、確認したいことを聞く
・男子あるあるを聞く(下ネタワード)
 
以下は、息子の使い方に対する母のコメントです。
タイマーは、使用しなくなった携帯電話のSIMカードを抜いたものを渡していました。「OK、goolge !」と話しかけるよりも手元で携帯のタイマーを設定/解除したほうが早い気がしますが、声を出すのは気分転換になります。どちらを使うか、息子に任せます。
言葉の意味調べは、その場で気軽に聞けるのがよいです。母のようにうるさがったり、嫌味を言ったりしません。
しかし、残念なことに、同音異義語に対応していません(聞き方に要領があるかもしれません)。息子には、1回聞いて違う答えが返ってきたと思ったら辞書を調べて、自分が知りたい言葉と、googleが返した言葉を見つけなさいといいました。
社会や理科は、今まで「お父さん、これ調べて・・・」と言ってお父さん頼みだったものの一部がこれで解決できます。
男子あるあるの下ネタは、、、小さい声で聞くのでスピーカーが反応せず、恥ずかしそうに何度も聞いていました
(笑)。自分専用のスマホタブレットを渡したら、間違いなく検索してアクセスすることが証明されました(笑)。
塾のお友達に、自分専用のスマホを持っていて学習に使っている子もいるそうですが、我が家では中学受験が終わるまでは息子専用機を買う予定はありません。娯楽で時間を浪費する心配がありますので。
Google HOME Mini」は、スマホの学習用途の一部をカバーすることができるので、うまく使っていきたいと思います。
 
さきほど、他にどのようなことができるのかをネットで調べたところ、ニュースに対応していて、
「OK、google ! ニュースを流して!」
というと、ニュースを流してくれるそうです。
他には、
「OK、google !今日は 傘はいる?」
「○○まで、どのくらいかかる?」(いきたい場所までの所要時間)
という質問にも対応しているようです。
 

運命90、努力10