運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

下剋上と甘々な先生

2日に1回のクラス替えと席替え、お疲れさまです。
何がクラス替えの対象なのか、配分はどうなっているのかなど、まったく知らされていない私です。もちろん息子には聞いているのですよ。でも、息子は、
「わかんない。毎回、点数票に点を書くからそれが対象だと思う。」
と返してくる始末。さすが国語の点数が悪いだけのことはある。会話がかみあわない。
「何を点数票に書くの?」
と聞いたら、
「いろいろ。本当にいろいろ。よく覚えていない。」
とのことです。
これまでの息子との付き合いから察するに、なんとなくわかっているけど確証がもてていないというのが真相だと思います。従来であれば、「しっかりしろ!」とどやし、確認してこさせるのですが、そんな痴話喧嘩をしている時間はありません。「干渉しすぎるな。」という神の思し召しだと思ってぐっとこらえています。それでも毎日毎日、なにかしら言いたいことが出てきて、多い時は30分ぐらいもめています。
 
そんな息子が先日、ぼそっと言いました。
「夏期講習は下剋上だよ、本当に。」
 
偶然、別件でSAPIXに入れた電話の折返し電話がかかってきたので、ついでに息子の様子や成績を確認をしたら、先生の話は甘々。私はもう少し本音トークがしたかったのですが、この時期、親にそんな話をしたらろくなことがないのでしょうね。お気遣いありがとうございます。
そういえば保護者会でも、
「親がやることは3度の食事と健康管理、プリント整理。口出しをするな。何かあれば塾に言うように。塾で対応する。」
と言っていました。このまま塾にお任せしていいのでしょうか。このままいい具合でawayになって、少し離れたところから見守りたいです。
 
 
運命90、努力10