運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

小学生男子でもマウンティング?

塾の話です。
SSで同じクラスにいる子で、息子に、
「◯クラスにいたことある?」
とか、
「□□先生に教えてもらったことある?」
とか言ってくる子がいるそうです。
◯クラスは上位クラス、□□先生は上位クラスを担当している先生です。
息子がYesと言った質問は更にいろいろ聞いてきて、自分と比較して自分が上であることを確認するそうです。
 
最初に息子から話を聞いたときは、広義の自己紹介と受け取りました。それで、「楽しそうね。」と言って聞き流しました。
昨日の昼、一人でお昼ごはんを食べていた時にふとその話を思い出して、「あれ、マウンティング?」と気が付きました。
そういえば息子は、
「もー、うざいんだよ。そんなことばかり言ってくる。」
と言ってましたっけ。
今のところやり過ごせているようなので静観しています。
 
もし息子から話を聞いてすぐにマウンティングだと気が付き、「苛っ!」ときたら、私はその場で相手の子のことを悪くいっていたでしょう。そして、息子に余計なプレッシャーをかけたかもしれません。
「次の学校別SOでその子よりいい点をとって見返しなさい。」
とか言って(笑)。
すぐに気が付かないほうがいいこともあるんだと思いました。
 
それにしても、小学生男子もこの手のマウンティングをやるんですね。
 

運命90、努力10