運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

過去問のススメ方

過去問は塾の保護者会で講師から提案があったとおり、第一志望校の赤本を、古い問題から順にすすめています。昨年の問題は12月以降にとっておくつもりなので、そろそろ終ります。
次は第二志望校の計画をたてないといけないのですが、すべての学校を第一志望校と同じようにやっていては時間が足りません。絞る必要があります。今、考えているのは、
・第二志望校は、直近の3年をやる
・第三志望校も第二志望校と同じぐらいに力を入れてやりたいけど、
 - 第三志望校は複数回試験があるのでどのように絞るか
  同様に直近3年とすると第二志望校よりもパワーをかけることになる
  とりあえず、受験予定日の直近3年とするか?
 - 第二志望校が終わってから第三志望校やるか、並行してやるか
・第四志望校対策はどうするか
 - Webに問題と解答が公開されているのでそれで済ます予定だったが、解説がない
・1月校対策はどこまでやるか
 赤本未手配だけど、やっぱり買わないとダメ?
 
ところで、今の時期はみなさんどのくらい得点できているものなのでしょうか。
息子の第一志望校の得点状況はひどいものです。合格者平均点にも合格最低点にも1度も届いていません。あまりにもひどい点数が続き、過去問をやるよりも塾の授業の復習をしっかりやったほうが良いのではないかと思い悩んだこともあります。しかし、冷静に考えるとそんなに時間は残されていません。特に、息子が通う小学校は10月後半から行事やイベントがもりだくさんで、塾にいけない日もでてきますし。。。
そう、今、やっておくしかないのです。そんな悩ましくつらい気持ちですすめています。
 
近年、一人あたりが受験する学校数が増えてきていると聞きます。
受験校が増えると1校あたりにかけられる時間が減ります。
そこで思うことは、複数回受験できる学校であれば、試験日による合格偏差値なんて気にせずに、その学校に注力した対策をとることで合格が見えてくる子もいるのではないか、ということです。息子が受験を考えている学校にも複数回受験の学校がいくつかあります。どうしようかなぁ。。。
そのあたりは作戦ですね。。。
 
 
運命90、努力10