運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

漢字の誤発とH系下ネタ

最近の息子を一言でいうと、タイトルのようになります。
 
まずは漢字の誤発から。
土偶→「偶」の亻を土にした
・埴輪→「輪」の車を言にした
・冠位十二階→「冠」の冖を宀にした
・紛争→「紛」の糸を米にした
桓武天皇→「桓」の木を土にした
清少納言→「少」を「小」にした
種子島→「子」をケにした
大隅半島→「隅」のこざとへんを亻にした
・テストの問題に解答する→「解答」を「回答」にした
 
などなど、書き出すときりがない。
これら、何度も何度も同じ間違いをします。
今までは、指摘するとDCやコアのテスト期間ぐらいの間は覚えられていたのに、今は同日でも間違います。悔しくないのかな?
この手の悩みに返ってくる回答は、
「意識が低い」です。
多忙な時期だと、
「疲れているのでは」、「睡眠不足では」
と言われることもあります。
「今、見つかってよかった」
なんて前向きに構えられません。これらは氷山の一角でしょうから。
息子の意識は昔に比べたら上がっています。でも、足りていないといわれれば否定できません。
平然とマイペースを装っている息子ですが、実はもうパンパンでアップアップしているのでしょうか。
でも、やるしかないですね。
重い気持ちを引きずりながら決意表明です。バトルが勃発しない程度にゆるくやります。有言実行します!
 

次にH系下ネタ。
早い子は、4年生の時からはじまっています。その頃の息子はあまり良くわかっていないみたいで、日々、起きたことを私に報告していただけだったのですが、最近は浅い理解のまま、そういった言葉を笑顔で口に出すのがブームになっています。私の学生時代を振り返ると、公立中学1,2年生のときのような感じです。まぁ、かわいいものです。しかし、うざくなってきました。どんな事を言うのか、心づもりしておきたいと関心がある方がいると思うので例を書くと(嫌な人は見ないで下さい)、
 
1,2,3,4,5,◯◯◯ !(何故か最後だけ英語)
◯◯◯したーい(腰くねくね)
◯◯◯しましょー(腰くねくねくね)
あーん、気持ちぃー(腰くねくねくね)
◯はアルファベットです。
 
かわいいものです。
ただ、本当に口癖になっているようで、勉強しながらぶつぶつつぶやいます。そして、注意すると、
「語呂がよくて口にすると気持ちがいいんだよねぇー。」
「学校ではみんな言っているし、僕は変態だと思われているし、大丈夫。」
「電車の中や試験中につぶやいたりはしないから大丈夫。」
と返してきます。
「勉強中に気がついたら口走っているくせに。緊張している本番で、無意識に口からでて、はっとしたらどうするの?そろそろ、やめときなさい。」
とたしなめていますが、効果なしです。
 

運命90、努力10