運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

過去問、散髪

元旦の午前中は、第●志望の過去問をやりました。とっておいたわけではありません。年内にできなかっただけです。備忘のために書くと、
理科・社会は、冬期講習のできなどとあわせて考えると合格ラインに達していると思います。失敗しても足をひっぱることはなさそうです。
国語は、夏・秋までは論説文で得点して物語文で失点していましたが、最近は論説がダメで物語で得点しています。塾でやっていることは難しい目だからと思っていましたが、今回の過去問の論説も大失点です。息子が言うには、
「物語の話は相変わらずわからないんだけれども、まるでわかっているかのように得点できる時がでてきた。最近やる論説は、取り上げている話題についていけない。」
そうです。
算数は解く力はついてきたようですが、得点につながりません。直しをしているときの様子をみると、あちこちでやってはいけないミスを連発しているようです。要は実力不足です。あと1ヶ月でどこまで到達できるのか。塾の先生じゃないけど、「やるしかない」の一言に尽きます。
 
お話変わって元旦の夜。
息子の頭をバリカンでガーッとやりました。
さぁ、あと何回、このバリカンで息子の髪の毛を刈ることができるでしょうか。ふふふ。
ところで、男の子の散髪は家でバリカンで済ませられると、お金も時間もお得です。本当に助かります。継続のコツは、お洒落に目覚めさせないことです。
 
 
運命90、努力10