運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

本音や実態と建前(学校編)

息子やママ友との話で話題に挙がった学校の本音や実態と建前、それに準ずる話を書きます。お役に立てば幸いです。

「→」が本音や実態に関すること

「★」はコメント(私見

です。


【その1】
・受験日時によって塾が出している偏差値が違うが、実際に入学してくる子の能力に差はない

・第一志望で入学してきた子のほうが卒業後の進路がよい
・入学時の成績はその後の成績にはあまり関係ない
・部活を頑張る子がよい結果をだす
などなど。

 

→都合上、学校はいろいろな言い方をしますが、学校が言いたいことはただひとつ。
「本校の教育理念を理解して、本校で頑張れる(親)子に入学してほしい。」

だと思います。

 

 

【その2】

本校は手厚いです。例えば、

・提出物をださないと出すまで追いかけます

・小テストで合格点がとれなければとれるまで追試をします、最後の1人になっても見捨てません

定期テストの成績不振者には補講をします

などなど。

 

→事実です。

中堅の進学校の先生方は、この子たちはやれば伸びると信じている方が多く、課題などの提出は徹底してやらせようとします。

公立中学では入学時点での能力の差が大きく、希望する進路もまちまちなためにここまでやるのは難しいです。受験して入学する私学だからできることです。学校もそのことはよくわかっているので、中堅の進学校ではアピールする学校が多いようです。

 

★私はこの手の話はどこの学校もお話どおりで手厚いんだと思って終わりにしていました。息子校も手厚いという話があった学校の1つで、お話通りです。今のところ問題はありませんが、先日、本当はあの時もう1歩踏み込んで考えておいたほうが良いんだろうなぁと思う話を聞きました。

息子校では、課題の未提出者や再提出者、追試・補講の該当者は、HRなどで先生から名前が呼ばれます。提出物なら出すまで何度でも呼ばれます。お友達のクラスの該当者で、これに耐えられなくて不登校気味な子がいるそうです。

 


【その3】
入学時の成績と高3の成績や卒業後の進路は関係ない。
中1の1学期の成績と高3の成績や卒業後の進路は関係がある。
だから、入学してから頑張ることが大事。

 

→海外の大学の調査結果で確認され、その後、日本の大学でも模倣で調査をして同じ結果が得られているそうです。自校の生徒でもデータをとってみて、確認したうえで話をしている学校もあります。この話には表も裏もないし、本音も建て前もありません。

しかし、追加合格の話や合格確率がボーダーラインで悩んでいる方に向けた話をする際に引用(誤用?悪用?)して、「中に入ってから頑張れば大丈夫。」とエールを送る学校があります。

 

★オリジナルのデータは「中に入ってからも頑張り続けることが大事」ということを示すデータであって、「中に入ってから頑張れば大丈夫、なんとかなる」ということを示すデータではなかったと思います。

合格最低ラインに受験生が集中することを考えればこだわる必要はないのかもしれませんが、私は気になりました。上に書いたような引用の仕方をする学校には恣意的なものを感じました。

 

★中1の1学期に良い成績がとれる子はどんな子たちなのか。

息子が知っている限りですが、息子校で成績が良いのは第一志望が残念で進学してきた子が多いようです(息子校は中堅校で受験日が複数日時あり、入学者の偏差値帯が広い学校ですので、この差が縮まるのには時間がかかると思います)。

 

★先輩ママの子が通う学校の状況を聞いたところ、

「入学時の成績は入学試験の成績をさしいていると思うので、どんな並びになっているのかわからないけど、中に入ってからのテストは概ね入学時の能力(塾のクラスや模試の成績)どおりだと思う。6年間は長いので上下するが、できる子は最初から最後までできることが多い。校内の成績は中3高1でおちついて、そのまま卒業までいく感じがする。」

とのことです。

 


【その4】
中学の間は塾は不要です。通塾率も低いです。
高校になったら仕上げや弱点補強といった目的でぼちぼち行きだす子がでてきます(そういう目的なら行った方が良い)。

 

進学校の進度は早く、宿題も多いです。1人でこなせなくて家庭教師や個別を利用しているという話はちょくちょく聞きます。

それから、夏休みや冬休みにスポット的に通って弱点補強や先取りをするという話もちょくちょく聞きます。

学校が思っているよりも多くの子が勉強系のお稽古をしていると思います。

 

★息子校の1年生は、集団塾に通っている子は少ないけど、公文、英会話、個別、オンライン系、家庭教師など、勉強を意識したお稽古を1つはやっている子が多いようです。休み時間に塾の宿題をやっている子もいるそうです。科目は、英語・数学が中心みたいです。他の学校のママから聞いた話も同じような感じです。

 


【その5】
部活を頑張る子のほうが結果(進路)が良い。

 

→私立は成績が悪い子は部活動に参加できない(学校が多い)です。

 

進学校は成績不振だと部活に参加できないようになっている学校が多いです(補講への強制参加、家庭学習の指示がある)。
成績不振者の決め方は学校によって違いますが、聞いたことがあるのは、
・1教科でも赤点をとった人
・合計点での順位が●番以下
・部活動によって基準が違う(活動がハードな部活ほどハードルが高い)
です。
次のテストまで部活がお預けになり、次のテストで成績不振者になってしまうとまたお預けになるそうです。

 

★「部活をやっている子のほうが成績がいいんだって。」

という話から、

「部活はやったほうがいいんだって。やっている子のほうが成績がよいんだって。」

「部活をやっている子のほうが成績があがるんだって」

という理解になってしまう方がいます。

同じ子が部活をやるのとやらないのではやった方が成績が上がるという話ではありません。結構、誤解されている方が多いです。

 

 

本音と建て前

学校や塾の説明会、保護者会、面談ででる話に嘘はありませんが、本音と建て前はあります。息子やママ友との話で感じた塾の話を書きます。

もう少ししたら受験生は受験校を決定するための面談が始まります。参考になれば幸いです。

 

多くの子の第一志望の合格確率は五分五分です。塾は五分五分の子には、

「可能性は十分にある、頑張れ!頑張れば合格できる!」

といってエールを送り続けます。これは建て前です。

本音は、五分五分の子が10人受ければ5人合格、20人受ければ10人合格、40人受ければ、、、となるから、五分五分の子にはできるだけ受験してもらって合格者数を稼ぎたいという算段です。

また、これからの時期でよくあるのは、子供から第一志望を取り上げるのではなく、

「合格したいなら頑張れ!」

と言い続けて頑張らせ、落としどころは併願校という作戦です。


本音と建て前、算段、作戦などという言葉が並ぶと悪く聞こえるかもしれませんが、決してそうではありません。

「受験しない限り合格はできない」

ですし、あとになって、

「受験したら合格したかもしれない」

と引きずるよりは、たとえダメでも全力で向かって気持ちにふんぎりがつけられたほうが絶対にいいです。

塾は、

「五分五分で悩んでいる親子の背中をおしているだけ」

というのもまた事実です。

塾が五分五分の子の背中を押す理由は理にかなっています。改さんのブログにわかりやすく書かれています。

aswg-tutor.hatenablog.com

 

補足)

上に書いたことをもう少し広い視野できれいに書くと、

子供の成績は1月になっても変動します。追い込みで実力をつけてくる子もいますが、どちらかというと受験間近の独特な空気のせいです。そういう状況の中で成績が上昇する子と沈んでいく子がでてきます。

また、受験問題は特殊で、問題との相性があますから、合格の可能性は模試の偏差値だけでは語れない部分があります。

そういうことをふまえて、塾は可能性を信じて希望をこめた対応を行っています。

 

近いうちに、本音と建て前「学校編」を書こうと思っています。

 

 

電子辞書、小学生にもおすすめです

ついに息子に電子辞書を買いました。

 

使い始めたところの電子辞書ですが、なかなかよいです。小学生にもおすすめです。5年生になると、小学生用の国語辞典では不十分になり、塾から中高生用の辞書を買うように勧められると思いますが、その時の候補に電子辞書をあげて検討するのはありだと思います。

お値段はすこしはりますが、百科事典がはいっているので理科や社会の調べものにも使えます。物理や化学の辞典、山川の用語辞典もはいっています。また、履歴機能があって、一度調べた言葉を表示する機能もあります。もちろん、国語辞典も、ちゃんとはいっています。

理科や社会の調べものはインターネット検索だとノイズがありますが、辞典なのでノイズがありません。たいていの調べものはスマホ以上の満足感が得られます。ただし、時事ネタは無理です。

 

電子辞書について少し書くと、カシオとシャープの2強で、カシオのほうがシェアが高いです。
あれこれ迷ったり、知っている人に聞いたりした結果、我が家はカシオにきめました。カシオのラインナップをみると、学生向けには
小学生用
小・中学生用
高校生用
があります。
小学生なら小・中学生用を買えば中2の前半ぐらいまでは使えると思います。
ただし、進学先によっては指定の電子辞書がある場合もあります。高い買い物になりますので、要注意です。

 

ただいま息子は、電子辞書に入っている「チャロ」を熱心にみています。本人は英語の勉強だと言っていますが、字幕とアニメーションを見ているだけだと思います。orz

初めての電子辞書の「あるある」です。

基礎英語も入っているんだけどなぁー。

 

注)電子辞書のキーボードはローマ字入力です。

 

首都圏私立中学の様子(コロナ)

息子校は、学校生活の一部に制限があるものの7月から通常登校を再開しております。いまのところ、職員や生徒にコロナ感染者が出たという報告はありません。
息子のクラスでは、知り合いに濃厚接触者がでたとか、原因不明の発熱が続くなどという子がいて、「えっ!?もしかして・・・」と思い心配しましたが、陰性で問題ありませんでした。

 

ところで、そろそろ大手塾が6年生向けに公開模試を実施する時期です。
試験会場は中学校会場が選択でき、例年だと中学校会場が人気ですが、今年は、
「中学校会場で受験したいけど、コロナのことが気になる。普段の生活圏と違う場所に赴くことに抵抗を感じる。」
という方も多いと思います。私が6年生の親だったらきっとそう思います。

ただ、冒頭に書いた息子校の状況をふまえると、マスクや手洗いなど、日ごろから注意していることを守っていれば、そんなに心配する必要はないと思います(私立は通学に1時間ぐらいかかる子が多い)。

最後はご家庭の判断になります、難しいですね。。。

 

それから、本当に心配なのは12月1月2月の状況です。
息子校からは、双方向型オンライン授業の準備を開始していますというお手紙がありました。
私見ですが、学校はこの時期には学校関係者から感染者を出したくないと思っているはずです。今ぐらいの感染状況であれば、大事をとってオンラインや分散登校になるかもしれないと覚悟しています。

 

もー、コロナ嫌!

受験校について

コロナ禍の中、受験校の選定は悩むと思います。ふと思い出したことがあるので、投稿します。

 

息子が通っていたSAPIXの校舎では、受付エリアに授業用のテキストのサンプルなどが置いてあって、その近くに、中学からの学校案内・募集要項などが置いてありました。自由に閲覧することができて、もらって帰れるものもありました。
ある日、ついでがあって校舎まで息子を迎えに行った際に、時間つぶしでこれらの資料をあさっていたら、
「A大学の地方校(付属?系列?)なのに、B大学のキャンパスで試験を実施する」
という面白い学校を見つけました。
A大学とB大学は近所にあって、共に大学のそばに付属中高を抱えています。
「なぜ、自分の親元の大学でやらないのか?」
更には、募集要項についているレターに、
「B大学の付属中学を受験される方、是非受験してください。」
というメッセーまではいっていました。
┐(´∀`)┌
息子はAの付属もBの付属も受験する予定はありませんでしたので、それ以上深入りはしませんでしたが、Aの付属やBの付属を考えていたら掘り出し情報です。

 

コロナ対策でこのような資料は撤去されているかもしれませんが、もしあれば、たまにはこのような資料を手に取ってみると発見があるかもしれません。

ご存じの方が多いと思いますが、寮がある地方校の中には、大学のキャンパスや貸し会議室を借りて首都圏で試験を実施する学校が何校かあります。その中には、受験者数がそんなに多くない学校もあります。
今年も例年通り首都圏で試験を実施するかどうかはわかりませんが、確認したら使える情報がでてくるかもしれません。