運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

夏期講習マンスリー 自己採点

息子曰く、理科がむちゃくちゃ簡単で、社会がすごく難しかったとのことです。

自己採点の結果は次の通りです。

【算数】
問題は見ておらず、解答の照合をやっただけですが、基本問題はしっかりできたようです。解答の照合だけでも、「これ、うっかり間違いだろうなぁ」と思われる問題を数問発見。orz
もったいないけどこれも実力のうち。この分だと、平均点+αかな。。。
算数が得点源だったのに。。。

【国語】
点数はいつもと同じできでした(芳しくない)。漢字が壊滅状態でいたすぎる。

【理科】
息子の手応えどおり、今まで取ったこともない高得点でした。バンザイ!
息子曰く、他の子も理科は簡単だったといっていたとのことです。他の子がどのくらいとっているかが気になりますが、これまでの息子の点数を考えると、理屈をこねずに褒めてやるべきかもです。フフフ(嬉)。

【社会】
得点率が一番悪かった教科です。息子が唯一夏休みにやっていたのが地理の暗記です。地図をみながら都道府県名や県庁所在地などなどを一生懸命覚えていました。努力が数字になって表れてくれればいいなぁと思っていたのに残念です。

 

全体として、平均点が高くなりそうな予感がします。

ギャングエイジ炸裂な息子は、このブログでも書いたとおり、夏休みは連夜のバトルで自宅学習が全くできませんでした。だから、この2,3日で必死にテスト対策やりました。そのおかげで、2学期の第一回目の授業の復習は全く手付かずです。帰宅後、テストの開放感にひたりながらフワフワフワフワしながらですが、形だけ勉強しました。

さぁ、来週からは本格始動です!

頑張りましょう!