運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

SAPIX 5年生 息子に見られた変化

一番の変化は、勉強をするのが当たり前になったことです。
息子は元々コツコツとやるタイプですが、本当によく勉強するようになりました。
強いて言えば、とりかかりが遅く、計画性が低い、要領が悪いといったところが悩ましいですが、母親から見ると子供はみんなそのようなもの。それに息子は元々のんびり・おっとりしているタイプだし。
 
成績はこの1年で頑張って引き上げられたと思います。夏休み以降、ぐっとクラスがあがりました。そのクラスを維持していたかったけど、あえなく急降下。学校でいろいろと悩まいしことがあり、ストレスを抱えたのが原因です。これがなければクラス維持できていたかもと思うこともありますが、5年のうちに経験できてよかったと思うようにしています。6年生で二の轍を踏まないように気をつけます。
 
1点気になるのは、「私の指示がないと何をやればいいのかわからない」という姿勢です。4年生の時はこちらがおちょくられているのではないかと思うほどぶっとんだ主張をしたり、矛盾する複数の主張をすることが多々あり、衝突は日常茶飯事でした。しかし、息子の考えや気持ちがあちこちにありました。今は従順ですが、指示がなければ不安なようで、「どうすればいい?」と聞いてきます。
4年生の時に比べて扱いやすいのですが、最後は本人の気持ちで勝負がつくこともあるので、もう少し自分の意志と意思を強く持ってもらいたいです。
「あなたはどうしたい?」と聞き返すこともありますが、なんかグダグダな応えが返ってきて、結局、私が指示を出すことになります。

運命90、努力10