運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

「眠いなら勉強するのをやめたら」と言ったら・・・

男の子あるあるというのか、最近の若者あるあるというのか。
先日、業を煮やした私が息子に、
「そんなに眠いなら勉強するのをやめたらいい。やる気ないんでしょ!」
ときつい口調で言いました。
すると、息子は歯をみがきだし、お風呂に入る準備をしました。
「なにやってるの?」
と聞くと、
「お母さんのお許しが出たから、今日は寝ようと思って。」
と真っ直ぐな目をして真顔で言うではありませんか。
「・・・」
息子は超真面目です。
私は驚き、慌てました。
 
息子の幼少期に、
「今何時だと思っているの?」
と厳しい口調で声かけをしたら、リビングにある時計を見に行って時刻を報告してきたことを思い出しました(「分が正しくよめているか自信がないんだけど、、、」と真剣な眼差しでした)。
頭がイタイ。orz 
 
「寝たらやらなければいけないことが残るけど、それはいいの?」
と聞き返し、説教をたれておきました。
同じ言葉でも、言い方、言うタイミングで違う意味になるということがまだわからないのはつらい。国語の読解どころではない。
 
息子から聞く学校の話でも、先生が言ったことを言葉通りに受け取って、私の世代では信じられない言動をとる子が少なくありません。
例)「やる気がないなら、教室から出て行け」と先生が言ったら、出ていく。
先生をなめている子もいるのですが、そういう子ばかりではないのです。
最近の子はそうなんでしょうか。
 
 
運命90、努力10