運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

言っちゃだめ 他

小学校では、
「12月にはいったら、受験する学校や結果を、言うのも聞くのも禁止。」
と箝口令(かんこうれい)がしかれました。
息子いわく、
「5年後半から6年11月までにそういう話は十分している。今更意味ないよ。」
とのことです。
ちなみに息子は、はぐらかしてちゃんと答えていないそうです。言っていないつもりで言っているんじゃないかと思いますが(実際に、そういう阿呆な話があった)。
 
塾では、合判SO#4が終わった次の授業で、
「今日からは、受験校や結果について話をするのは一切ダメ」
と言われたそうです。
 
実は息子、夏から秋にかけての塾の帰り、同じ塾に通う体の大きな子にはがいじめにされてカバンをとられ、成績表をうばわれてみられていました。11月までだったらよいの?話はだめだけど力づくで見るのはよいの?と思う私です。
別にいじめられているとかそういうのではなく、おふざけです。他にもやられている子がいます。ただ、加害者組は体が大きく御三家狙いで成績のよい子達で、被害にあう子は小ぶりでそれなりの成績の子です。相手を選んでいるんだろうなぁと思うのは考えすぎでしょうか。
塾に相談したところで「注意しておきます」で終わるでしょう。注意してくれるかどうかも怪しいです。先生たちもそれどころではないので。
息子以外にも被害者の子がいるけど、その子たちや保護者はどう思っているのかな?
息子いわく、僕もそうだけど他の被害者の子もあまり気にしていないとのこと。
ということで、成長の通過点、やられ損だけど仕方なしですませています。
でも、私、成績表がくしゃくしゃなのが嫌です。もし、4回目もやられたら成績表の再発行をお願いしようと思っていました。だけど、4回目の合判の結果が悪くて、そういうお願いがしにくくなりました。阿呆なことばっかり言ってないで、ちゃんと子供の勉強の伴走をしなさいという神のおぼしめしでしょうか。
 

運命90、努力10