運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

1月校メモ

1月校の受験にあたって、いくつか気になる(わからない)ことがあり、ネットで調べました。メモです。

注)2020年も同じになるかどうかはわかりません。複数会場、複数受験がある学校ですが、それぞれで勝手が違うかもしれません。

www.sapia.jp

 

■受験番号に関係なく、到着した子から教室へ案内される

→教室は受験番号で決まっているのかな?到着順に席が決まるという意味かな?

別のサイトで調べたら、「到着順に席が決まる」と書いてありました。

 

■塾の先生の激励は、保護者と子供がわかれた後で、試験会場がある校舎棟に向かう途中の通路で行われる。いろいろな塾の先生方が一列に並んでいる。

SAPIXの先生もどなたかがきてくださるのかな?記事にするぐらいだからきていただけるに一票。知っている先生だといいなぁ。

 

■解散は試験終了後に300人ずつ受験番号順に案内される(保護者は受験番号を控えておきましょう)

→先輩方のブログで詳細に書かれている方の内容によると、

駐車場のところを空港の荷物のように子供がグルグルまわる。保護者は体育館で待機していて、番号の案内があったら駐車場に移動し、我が子を見つけたら合流して帰る

とのことです。

蛇足ですが、駐車場に子供がいなくなったら保護者もいなくなるはずなのに、何人かいるそうです。事情がある方もいらっしゃると思いますが、安全面や全体の効率を考えると協力しなきゃと思います。

少しでも早く帰りたいという気持はわかります。私も同じですから。でも、1回にでてくる子供の数も300人と多く、300人がはけるのにも時間がかかります。呼ばれてから移動で十分、せかせかしないでゆっくりと待機しようと思います。

 

 

運命90、努力10