運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

修了証と記念品

昨日は最後のSSでした。
修了証と記念品をもらって帰ってきました。
SAPIX 31期生らしいです。
記念品はボールペンでした。
 
クラスによっては「記念品は開けたらダメ!」と指示があって言いつけを守っていたそうですが、息子のクラスでは指示があったのかなかったのか・・・。
多くの子が包装紙をやぶり中身を手に持って教室をでたそうです。廊下で他のクラスの先生から「しまいなさい。」と注意されたそうです。すでに学校のカラーがでているのかもしれません。
 
女子に比べて友達意識が希薄な小学生男子ですが、SSの仲間たち同士はうまがあうみたいで、授業中も休み時間もみんなでワイワイガヤガヤやって楽しかったようです。特に後半は下ネタ(H系)でもりあがって興奮していました。男の先生の中には、ニヤニヤしながら一緒になって盛り上がってくれる先生もいて、一体感があったそうです。ハハハ(^^;
女子がいる平常授業ではひかえているとのことですが、女子は人数が少ないので、盛り上がる内容はどうしても男子よりです。息子からよく聞いた話は、アトラスで珍地名をみつけて盛り上がったり、歴史資料集をみて「裸だよ!」と爆笑したり、理科の資料集をみて・・・(略)という感じです。
興味がある方、お年頃の男子がいる方、先取りして子供に尊敬されたい方は、「世界の珍地名」でネットで検索するといろいろ出てきます。
 
卒業生の方の中には、授業終了後に友達同士で「絶対に合格しようね」と言い合ったと話されている方もいますが、息子のクラスは先生も子供も特別感はなく、いつもとかわらうずだったそうです。強いて言えば、平常でお世話になっている先生で最近元気がない先生がいるそうです。子供たちが理由を聞くと、「叱るとみんなの勉強する気がなくなるからひかえている」とか、「受験生に気を使っているだけ」と返事があるそうです。寂しく思っているのでしょうか。それとも、生徒たちの仕上がりに不安を感じて体調に支障をきたしているのでしょうか。
 
明日の平常授業でSAPIXは最後です。
お世話になりました。
 

運命90、努力10