運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

ピアノどうする?

息子は保育園の先生のすすめで3歳からピアノを習い始めました。なんでも、
「息子さんは音楽が好きなのでぜひなにか音楽関係の習い事をさせてあげてください。」
とのことで、最初に声がかかったのは1歳半のときでした。流石に早すぎだろうと保留にしていたら、その後、何度も催促や確認があって、びっくりしました。保育園の先生の熱心な声がけにまけ、近所の音楽教室を探して通い始めたのが3歳半ごろです。保育園の先生のおみたてどおり、息子はきっと音楽が好きだったんだと思います。保育園時代は、毎日家に帰ったら真っ先にピアノの練習をしていました。そして、6年の夏休みまで続けました。
6年の夏休み以降も気分転換といってスキマ時間にピアノを弾いていました。
ところが、2月の受験をさかいにまったく弾かなくなりました。
先日、息子にピアノをどうするか聞いたところ、
「あの先生、嫌だ。他の先生だったら続けてもいいけど、今の先生だったらやめたい。」
と返ってきました。

「『続けてもいい』とは聞き捨てならない。そんなんだったらやめてください。」
と笑いながら返したら(息子は言葉選びや言い回しがいい加減なので、突っ込まないと本心がわからないことがある)、
「あっ。。。ピアノは別にいいんだけど、、、あっ、好きなんだけど、、、うーん、、、もういいかなぁ。。。もっと他のことをやってみたい。」
と返ってきました。
「もったいないなぁ」と思いましたが、本人がそういうならそれでよいです。
 
実は、受験した学校の中に音楽の授業でピアノをやる学校がありました。その学校に進学することになれば有無を言わさず、
「はい、再開!」
となっていたと思います。きっと、
「もう、いいんじゃない、やめたら。他のこともやってみたら。」
という神の思し召しなのでしょう。
神!?
 

運命90、努力10