運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

待ってました、教科書!

4月にはいってようやく届きました、教科書!
内容確認書の一覧と照合したあと、検定教科書とそれ以外で分けてあれこれ推測しました。ざっくり書くと、
・副教科と国語と社会は、検定教科書と副教材
・数学と英語は、中高一貫校用の教科書とそれに付随する問題集
・理科は、検定教科書と二分野のみ中高一貫校用のあれこれ
です。
検定教科書は国語・数学・英語は該当学年のみですが、理科・社会は2年や3年のものもはいっています。

息子は、早速、社会の検定教科書をチラ見して、そのあと「系統的に学ぶ生物」を読み始めました。
「お母さん、これ難い!えー、こんなのついていけない。」
と早くも弱音と悲鳴をあげていました。
私は息子が「系統的に学ぶ生物」を読んでいる横で社会の検定教科書パラパラと見たのですが、資料集かと間違えるぐらいにカラー写真が多く、時代の差を感じました。でも、写真や図表が多すぎて、そちらに目がいってしまい落ち着いて本文が読めないなぁと思いました。目もチカチカするし。
 
ところで、皆様は在籍する学校や進学予定の学校から入学式・始業式・授業再開のアナウンスはありましたか。
息子が進学する学校はこれからです。正確には3月末にあったのですが、ここ数日の都や専門家の記者会見で検討中に変わりました。都内の学校なので授業再開はGW前後になると思います。
 
そこで私が思うのは、教科書や副教材も届いたことですし、学校から課題を出してほしいということです。
私どもの事情になりますが、通い始めた近所の英語塾は休講になりました。数学は家ですすめていますが、進捗がいいので欲がでて先取り学習をする塾(地下鉄で●分ぐらい)に申し込んでしまったのですが、そちらは授業を継続しています。地下鉄に乗る時間が長めなので先週はお休みしました。英語と数学なら、英語が継続してくれているほうがありがたかったのに。。。うまくいかないものですね。
自学自習にも限界があります、学校から適切な課題を出していただけますように。。。
 

運命90、努力10