運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

オンライン学習(学校、塾)

息子校のオンライン学習はYouTubeコンテンツでGW明けから開始されました。
なかなか高品質です。
既にやっている先生や、他校、オンライン学習塾などからレクチャーしてもらったんでしょうか。
とにかく満足しております。詳細はこちらに書きました。
数学塾はリアルタイム・双方向でZOOMを使ったオンライン授業です。オンラインにきりかわって1か月になります。こちらも先生が落ち着いて授業を進めてくださり、スムーズです。
息子は、最初は襟を正してPCの前に座りしっかりとノートをとっていましたが、最近はだれています。先生が講義をしている最中にトイレに行ったりお茶を入れたり、飴を取りに行ったりしています。30分に1回ぐらい5分休憩があるので、講義中にトイレとかお茶とかは論外です。
カメラは初回はみなさんONにしていましたが、2回目から申し合わせたようにOFFです
。先生は、「カメラ・マイクはともにできるだけONにしてください。」と呼びかけているのですが、みなさんOFF・OFFです。息子もOFF・OFFにしています。カメラONだったら気軽に離席しないでしょう。カメラOFFが良いと思っていましたが考えものです。
 
英語塾は、紆余曲折あってようやく先週1回目のオンライン授業を受講できました。
本来は進度の違う数名を一度に見る半個別タイプの塾で2時間授業だったのですが、オンランは1:1の40分授業になります。息子の場合は準備講座生のため、固定の先生ではなく、空いている先生のところに入れますとのことでした。こもごも納得する場合はオンライン、納得できない場合は教室再開後の授業になりますとのことでした。
いつから再開になるかわかりませんし、試しにオンラインで受講してみました。そしたらオンライン授業の開口一番で、「先生は君のテキスト持っていないんだ。今、何を勉強しているの?」と言われました(ここの塾のテキストは生徒の学校が使用する教科書をもとに塾が作成したオリジナル教材です)。予習なし、テキストなしの先生でしたが、息子がカメラ越しにみせたテキストの画面を一見しただけでスラスラと授業をすすめてくれたので授業は問題ありませんでした。中1の最初ですし、どの教材も同じような内容なのでしょう。知識と経験がある人であれば問題なくこなせる内容だと思いますが、ムッとしました。
事務に報告と改善を求めましたがスルーされて、次回の日程調整のお知らせが入りました。コロナ禍とはいえ、残念な対応です。最初に紆余曲折と書きましたが、これまでもすれ違いのようなことが何度か起きています。ちょっと常識とするところが違うなぁと感じることが多い塾です。それから、英語圏仕様なのでしょうか、一切、謝りません。他にいい塾があればうつりたいのですが、息子が「わかりやすいし、僕にあっている」といいますし、コロナの状況で精力的にあちこちまわることも難しいです。悶々としています。
 
 
運命90、努力10