運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

有名中や過去問

有名中は、先輩方のブログを拝見していると一部の子はガンガン解きますが多くの子はあまり解きません。納得がいかない買い物になります。
しかし、買わないと他の子と足並みがそろわなくなるので買いました。
 
過去問(赤本)は、志望順位が高い学校はそろそろ入手しておいたほうがよいです。その際は、最新版であることの確認をお忘れなく。
受けようかどうか迷っている学校は受ける確率が高くなってから手配してもなんとかなります。最悪、Yのページからダウンロードできます(YのサイトでID登録(無料)すれば、殆どの学校の過去問を何年分もダウンロードできます)。Yのページ頼みになる可能性がある場合は、ちゃん掲載されれいるかどうかの確認はお忘れなく。
 
Yのサイトの話がでたので、コピーのことまで話をふくらませて書きます。
【有名中の宿題】
SAPIX生は、夏期講習中に有名中で指定があった学校の問題を解いて提出します。宿題は校舎によって違いますが、問題用紙・解答用紙・解答を一緒に封筒にいれて提出するというのは変わりません。
我が家はYのサイトで公開されているものはYのサイトからダウンロードして印刷して使いました。ただし、解答用紙は有名中のものを使いました。本当はYのサイトのものを使いたかったのですが、採点や確認をする先生へ配慮しました。
答え合わせとやり直しは有名中の回答を使いました。
 
【受験する学校の過去問】
受験する学校の過去問も同様です。赤本(過去問)は買いましたが、
学校のホームページで公開されている場合は学校のページで公開されているものを印刷して使いました。答え合わせとやり直しは赤本の解答を使いました。
印刷は、問題用紙・解答用紙ともに赤本に書いてあるサイズと様式にあわせました。
学校のホームページに問題が公開されていない場合は、Yのサイトで公開されているものを印刷して使いました(解答用紙もYのサイトで公開されているものを使いました)。答え合わせとやり直しは赤本の解答を使いました。
印刷は、問題用紙・解答用紙ともに赤本に書いてあるサイズと様式にあわせました。
 
有名中や赤本を購入したのに、どうしてわざわざYのサイトからダウンロードして印刷したものを使うのか。以下、Yのサイトの利点と欠点です。
【Yのサイトの利点】
●実物を電子化している!
 有名中や赤本は製本の都合にあわせてレイアウトされています。字が小さくて読みづらく、裏のページの字がすけているようないないような微妙な感じです。
●カラー印刷の有無がわかる
 最近、図表をカラー印刷して出題する学校が増えています。色の鮮明さはおちますが、Yだとカラーのものはカラーで掲載されています。赤本だと白黒印刷です。ただし、カラーだと気がつかなければ同じです。
●PDFで公開されているので印刷すればよいだけ、楽!
 裁断したり、スキャンする必要がありません。
 印刷サイズや様式は赤本に記載されているので、そのとおりに印刷しました。赤本を購入していない場合は、以下のサイトの検索ボックスに学校名をいれて検索してしらべました。 

iee9696.blog.fc2.com

 算数のサイズがのっているので、他の教科も同じだろうというザルな判断です。
●十分な量が公開されている!
 何年分公開されているかは学校によって違います。
 
【Yのサイトの欠点】
●複数回受験があるところは、1回目の受験問題しか公開されていない
●公開されていない場合もある
 年度や教科で歯抜けなことがあります
著作権などの問題で問題の一部がカットされていることがある
●たまにいがんでいる
●解答はあるが、解説が殆どない
 
参考になれば幸いです。