運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

腕時計

6年生の方はすでに腕時計の1つや2つはお持ちになっている方も多いと思いますが、受験用の腕時計は準備されたでしょうか。
 
私は、
・アナログであること
・針のデザインがシンプルであること
・文字盤がアラビア数字で読みやすいもの
・時計のみの機能のもの(アラーム、電卓、カレンダーなどの機能がないもの)
・軽くて小ぶりなもの
・ソーラー電池
で探して、以下を購入しました。
 
購入時期は、5年生の終わりか6年のはじめごろだったと思います。
ちなみに息子はそれまで、時計なしで塾に通っていました。購入後は、塾に行くときに腕時計をしていくように言ったのですが、習慣化されていないのでよく忘れました。ちょうど、塾で個人面談があったので先生に話したら、
先生:「あー、そんなのは鞄の中に入れっぱなしにしてください。」←勝ち誇ったように言う
私:「ソーラー電池なんです。」
先生:「あーっ!!!orz」←無茶苦茶悔しそう(さすが塾の先生、のりがいい)
私:「ソーラーでないものを買いなおします。」
先生:「そうしてください。そしたら、それを鞄にいれっぱなしでお願いします。」
という会話になって、追加で以下の時計を買いました。
 
[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード MQ-24-7B2LLJF

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード MQ-24-7B2LLJF

  • 発売日: 2007/09/05
  • メディア: 時計
 

 

 息子には、鞄の中に入れっぱなしにしておくと、いつの間にかなくなっていることがあること、電車で壁にもたれたり机や椅子に置いたときなどに壊れる可能性が高いことを説明し、原則はソーラの腕時計をしていくこと、忘れたときは鞄の中の時計を使うこととしました。
しかし、いっても息子ですから、模試でも、本番でも、ソーラの腕時計を忘れて、鞄の中から出して使うことも多かったです。
 
ところで、文具や時計など、どのようなものが良いのか迷って調べると、必ずと言ってよいほどヒットする先輩のブログがいくつかありました。とても参考になりましたが、「やりすぎだろう」と思うところもありました。詳細は別途書くとして、腕時計にいたっては、最終的に5つ買ったという方がいらっしゃいました。
 
不測の事態のことも考えて、予備をどのくらい準備するかは難しいところです。
例えば、結果的に我が家は腕時計を2つ買いましたが、最初から電池タイプのものを買って鞄の中に放り込む使い方をしていたら2つ目は買っていないと思います。そう思うと、「2つも買ってしまった」と悔しいですが、先にも書いたように、小学生男子の鞄の中に入れた腕時計は壊れやすいと思います。偶然壊れませんでしたが、直前になって壊れたら冷や汗ものです。早い時期に2つ買って両方とも使っていて正解だと思います。
ちなみに今ですが、学校にはしていっていません。一時期、ソーラータイプの腕時計をしていたこともあるのですが、小学校以上にチャイムで動くし、コロナの影響で授業が終わったらすぐに下校だし、「不要」とのことです。部活がはじまったり、課外活動(博物館や美術館、遠足など)がはじまれば、集合時間や待ち合わせ時間の確認で必要になるかもしれませんが、携帯やスマホを持っていればそれも必要ありません。定期考査の時は持って行った時もありますが、「持って行った時もある」という程度です。公立中学は腕時計は持ち込み禁止だと思いますし、驚く話でもありません。
結局、ソーラタイプの腕時計は勉強机にぶら下げられており、電池タイプの腕時計は塾鞄にいれっぱなしです(紛失していなければ)。