運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

作戦(ダブル出願など)について

ダブル出願とは、同じ試験日時に複数の学校に出願する方法です。倍率や、既に合否が判明した学校の結果などをふまえて受験校を決められるメリットがあります。
 
我が家は元々ダブル受験は考えておらず、
「2/1からの試験は、息子に合否結果を伝えずに全部受験する」
作戦でいました。
しかし、12月下旬になって受験校に関してアドバイスをくれた人がいました(強気な案)。その人の話をそのまま採用するのには抵抗がありましたが、言っていることは一理ありました。悩んだ末に、
 
案1)元々の我が家が考えいた受験校で、合否を伝えない作戦
案2)元々の我が家が考えていた受験校に頂いた強気な案を加えてW出願、合否は都度伝えることになる
 
と整理しました。息子に説明して、
「どっちがいい?」
と聞きました。
案2は今まで全く考えていなかったパタンなので、説明や何故この案が浮上したのかなどの経緯もあわせて説明しました。結果、案2を推すような振りになってしまったのが気になりました。
案の定、息子は
「案2がいい」
と返してきました。
その後も何度か息子に、
「大事なことだからもう一回聞くけどさー。」
といって確認をしましたが、いつも、
「案2でいいよー。」
と返ってきました。
それで、案2のW出願作戦でいくことになりました。
 
結果論からいうと、我が家の場合は案2は失敗でした。
息子はW出願の前段の受験で不合格がでました。(どの学校でも)不合格は辛いようで、ボロボロになりました。
今にして思えば、
「何故、案3を思いつかなかったのか。」
と思います。そして、
「そうだ、この頃の私は、しっかりと物事を考えるのが苦痛になっていたんだっけ。」
と思い出しました。
 
案3)元々の我が家が考えいた受験校と作戦でいく。アドバイスしていただいた強気な案は親がこっそりと採用し(W出願)、必要な場合にのみ息子にサプライズとして披露する。
 
もし下の子がいたら、案3にすると思います。
 
誤解される方がいらっしゃるかもしれないので一応書いておくと、
「案3にしていたら、通っていた学校が違っていたかもしれない」
という愚痴や悔しさを吐き出しているわけではありません。
もし、違う学校に通っていたとしても、それがよかったかどうかはわかりません。今、通っている学校は、こういっためぐり合わせも含めてご縁を頂いた学校だと思っています。100点満点の学校ではありませんが、息子は楽しく通えていますし、今さら「たら、れば」の話をするつもりはありません。
 
発散したので最後にお話したかったことをまとめると、
・受験生の保護者は、これからは、しっかりと物事を考えることが難しくなりますので、気になることがある場合はとっとと決めておきましょう
私見ですが、W出願が有効なのは、次のような場合です
 - 同程度の偏差値の学校でどちらを受験するか迷っている(倍率をみてきめるなど)
 - 段々とレベルが高い学校を受験する
 
また何か思い出したら書きます。