運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

SAPIXのKTTやDCの解答紙の活用方法(番外編)

今も同じかどうかはわかりませんが、息子の時は上質カラー紙で片面印刷でした。しかも配布前に半分にきれいに折ってあって、男子が持ち帰ったものもパリッとしてきれいでした。だから、我が家ではプリンター用紙にしています。B4サイズの紙代節約、ECOにもなります。

 

このことに気が付いたのは1年前のちょうどこの時期。小6の教材整理をしていて気が付きました。それまでは、1年分ためてバッサリと捨てていました。もっと早くに気が付けばよかったと思っています。

中学生になってSAPIXのときほどプリンターは活用していませんが、時々使います。例えば、この春休みは英語の自主勉強に活用しています。息子校は英語の問題集の宿題はテキストに直接書き込んで提出するスタイルです。だから、学校が始まる前にスキャンしておいたものをコピーしてやらせています。そのコピー紙に使っています。学校用の教材はB4、B5サイズのものが多いので重宝しています。

SAPIXの裏紙は、まだもう少し残っています。

 

話が少し脱線しますが、母は、英語の問題集は本当は全部もう一周回したほうが良いと思っています。でも、本人にやる気がありません。息子は「僕は天才だからいらない」とテンションを高くして言っています。冗談でも小学校の時には言わなかった言葉です。中2病か?

仕方がないのでまとめの問題のみでいいのでやるように言いました。

スキャンするのも大変だから、やらないんだったら今年はまとめの問題のみスキャンしようかなぁと思っています。

 

注)プリンターやコピー機に裏紙を使うのは故障の原因になることもありますので自己責任でお願いします。