運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

私立中学のPTA活動について

不謹慎ですが、
コロナ禍なので、役員活動は楽です。
息子校の昨年の役員活動は、殆どありませんでした。
今年もコロナ禍の影響が残ると思いますし、もし1回やればいいのであれば、やっちゃったほうが得だと思います。
ただし、担当する内容によっては、例年と同じよに活動しなければいけない場合もあります。それは、学校によって異なります。
例)主に文化祭で活動する係
 →ある学校では文化祭が中止になったのでお仕事がゼロ
 →ある学校では文化祭は限定的開催になったので、例年に比べて楽だった
 →ある学校では制服のリサイクルのみ開催することになった
例)親睦や交流を促進する係
 →首都圏の学校では概ね中止
 

それから、大学附属と進学校では様子が違うようです。
大学附属(特に幼稚園や小学校からある)では、一族でその学校にお世話になっているなど、その学校のファンなご家庭が一定数いることもあり、役員でもなんでも、「はい」、「はい」と手が上がる学校が多いとか。
しかし、中高のみの進学校の場合は「できればやりたくない」というスタンスの方が多いようです(女子校でOGが多い学校は別)。学年が上がると、大学受験を控えて忙しくなるので、その傾向がますます強くなり押し付け合いになるそうです。じゃんけんやくじで決めると、ほとんど会合に参加しなかったり、なんだかんだ言って作業をやらなかったりという迷惑な方もいらっしゃるそうです。そういえば、息子校の役員活動の中でも、グループLINEに「前回参加したので今回は欠席します」と送付された方がいらっしゃいました。私は、他案件との調整があってこういう書き方になったんだろうと思っていましたが、敏感に反応された方もいました。
 
役員活動を通して知ったことですが、
高2高3ぐらいになると卒業対応という仕事がでてくるそうです。従来の役員さんの仕事に追加される学校もあれば、役員のポストが増える学校もあるそうです。アルバムを作ったり記念品を選定したり、謝恩会の会場を抑えたり企画をしたり、などなどやるそうです。このお仕事に対する保護者の姿勢も、大学附属と進学校では事情が違ってくると思います。
それから、活動が活発な部活に入ると部活の父母会があって子どもたちの活動をサポートするお仕事があります(試合の応援など)。これが大変な場合もあって、これ以上、役員なんてと思われる方もいるそうです。父母会の代表に選ばれた場合は役員が免除されることもあるようです。
 
私は、子供がお世話になっている学校ですので、できることは協力したいと思っています。しかし、役員になったのにあえて仕事をしない方がいるというようなと話を聞くと、気持ちが引きます(人間関係が悪くなるとストレスです)。
 
 
ご参考まで。