運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

私立でお弁当作りが一番大変なのは6月、次いで11月

今年のGS特訓は例年通りお弁当持参だったでしょうか。
もし、お弁当持参だったとして、お弁当作りに疲弊してしまった方がいたら、心配はいりません。SAPIXのカリキュラムにのっとって対応しているだけで随分と要領を覚え、子供が中学に進学するころには手際よく作れるようになっていますから。

 

新中1の方は約2週間のお弁当作りはいかがでしたか?
GWが明けましたが、また2週間ほど頑張れば中間考査になってお弁当がいらない日が何日かあります。とりあえず2週間を乗り切れるよう、頑張りましょう!

 

先にも少し書きましたが、私立・公立問わず中学高校になると定期考査などがあり、考査中は午前中で終わる学校が多いです。加えて私立は休みが多いので、お弁当作りは思っていたほど大変ではありません。学校にもよりますが、私立中高でお弁当作りが一番大変なのは、6月、次に11月です。以下、一般的なスケジュールでお弁当が必要になる日(目安)をまとめてみました。ご参考まで。


4月:入学式・始業式からGWまでの約2週間
5月:GWと中間考査(下旬)を除く約2週間
6月:フル
7月:期末考査(上旬か中旬)開始までの数日-2週間
  期末考査後は夏休み
8月:ゼロ
9月:文化祭があり、フルではない学校が多い
10月:中間考査があり、フルではない
11月:祝祭日はあるが、ほぼフル
12月:期末考査(上旬か中旬)開始までの数日-2週間
  期末考査後は冬休み
1月:始業式から約2週間
2月:入学試験以外の2-3週間(元々、日数が少ない)
3月:期末考査(上旬か中旬)開始までの数日-2週間
  期末考査後は春休み

 

汎用性をもたすために幅を持たせて書いたら、1文字ずつ読んでいかないとわからない表になってしまいました。全然、まとめじゃないですね。すみません。もちろん、部活や学校主催の夏季講習などの関係でお弁当が必要な場合もありますし、学校が同じでも人によって違います。

 

実は、私も息子が進学してからわかったのですが、お弁当作りよりもはるかに大変なことがありました。それは、休みが多いことです。そのうち、詳細を書こうと思いますが、愚痴っぽくなったらやめます。