運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

国立科学博物館 特別展「昆虫」

7月のおわりに息子と行ってきました。
親子ペアチケットで2000円で行けます。
中高生の男の子で友達と一緒に来ているグループがいくつかありました。制服を着ていたので、学校の宿題かもしれません(知り合いが通っている私立中学では、毎年、夏休みの宿題で博物館や美術館に行ってレポートを提出するというのがあるそうです)。
大学生の男子グループもいました。

なんといっても、入口はいっての巨大模型が圧巻です。約2mあるそうです。
ハチ、クワガタ、カ、セミ、チョウの5体あります。代表してハチの模型をアップします。

f:id:bean:20180809100618p:plain

なんと、足に花粉がついています!

 

受験生にはおなじみの、噛む口、吸う口、なめる口の展示もありました。代表して噛む口をアップします。

f:id:bean:20180809100710p:plain

f:id:bean:20180724144107p:plain


東大のロボット研究者のコラム「昆虫人間」~カブトムシマン登場!?~も面白かったです。

 

学校の宿題と塾の宿題と月例テストのやり直し

学校の宿題は、ほんのちょっとだけやりました。

塾(夏季講習)の宿題は、ふりおとされないように毎日必死でやています。毎日、朝から晩まで勉強づけです。漢字の要と理科・社会のコアプラスも必死です。算数のBASICは、夏季講習開始前までに割合の1-4章を終わらせるようにいわれましたが、STEP1がおわったか終わっていないかの状態で保留です。計算問題も毎日やるように言われ、1日10-20題やらせようとしていますが、予定通りまわりません。

月例テストのやり直しは、7月の組み分けが全教科と、7月の復習テストの社会が残っています。

 

「あー、一日でいいから一日中遊びたい」

「あー、一日でいいからだらだら過ごしたい(ゴロゴロ寝転んですごしたい)」
というのが最近の息子の口癖です。

「夏休みにある学校行事の林間学校はそれを満たしてくれるよ。」

「塾をやめたらできるよ。」
の2つを使い分けて返事をしています。

 

運命90、努力10

 

5年生 7月 復習テスト(結果)

紙で結果が返却されたので、観察しました(笑)。

息子は毎回うっかりミスをします。さらにとれるはずの問題をぼろぼろおとしてきます。例えば、算数の大問1の(1)のような問題です。今回もあれこれやらかしました。

これまではくやしがって終わりでしたが、今回はすでに社会以外はやり直しが終わっていてその内容が記憶に新しいので、息子と一緒に「捕らぬ狸の皮算用」をやりました。

 

算数は、あと1,2問、正解していれば、偏差値●です。例えば、これとこれと、、、。

国語は、漢字がほぼ全滅だったのですが、全問正解だったら偏差値●でした。

理科や社会は、あと1点とか2点あれば、偏差値●ありました。

息子の反応は、
算数は、気をつけなきゃ。。。ぐらいの感じで、
国語は、筆記にちゃんと回答できたことが嬉しかったようで(得点率はぱっとしないけど)、漢字ができなかったことは全く気にしていない様子でした。
理科や社会は成績がよかったせいか、「あと1,2点で偏差値●あった」ということがいい刺激と励みになったようです。息子の体からやる気の波長が発せられたのを感じました(笑)。

なりいきでやった「捕らぬ狸の皮算用」でしたが、息子の心に響いことがあったようです。

 

テストに限らず、年齢のわりになくし物や忘れ物が多い息子。本人も自覚していますが、、、そこで終わらずにもう一歩ふみだし、対策を練ってほしいものです。

 

運命90、努力10

 

5年生 7月 復習テスト(勉強~自己採点)

今回の復習テスト対策は、息子が自分で考えてやる予定でした。
これまで何度かブログに書いたように、月例テストなどの直しがたまっていて、息子は負債を抱えている状態です。塾の宿題をこなすのが精一杯の様子でしたし、
「授業の宿題を優先させる。月例テストの勉強がしたければ自分で考えてやって。相談にはのるよ。」
というスタンスでやろうと思っていました。
復習テストだからクラス替えは発生しないし、夏休みに反省・実行できる機会もあるし。。。

 

しかし、息子のあまりのマイペースさに私のイライラがつのりました。警告を発するもマイペースなまま。そして7月20日 終業式の日の午後、ついに私がぶちぎれました。そして、復習テストまでの2.5日間、私のたてた計画に従って勉強することを息子に誓わせました。

私は授業の宿題とテスト勉強の計画をたてて、時刻で区切ってあおるように勉強をさせました。といっても、土日の夕方は実験教室で実質エンドレスな天体観測があったので両日ともに朝から16:00ぐらいまででしょうか。

それでも息子はマイペースさがぬけきらないので、私の反感をかい、途中、私の説教で勉強が中断する一幕もありました。説教の時間は半日で30分から1時間弱ぐらいでしょうか。あーもったいない。

怒りが頂点にきた後での強行手段です。感情的な部分があったことは否定できません。やりすぎかなぁ、息子の精神状態は大丈夫かなぁと、不安・心配もありましたが、中途半端な方針転換は逆効果です。期限付きだしなんとかなるだろうと続行しました。

 

復習テストの結果は、自己採点ではいつもよりも得点できていました。でも、問題を見ると、いつもよりシンプルです。みなさんも得点できたのではないでしょうか。インターエデュでも、いつもより得点ができたとコメントをしている方が多かったです。

出席率があまりよくなかったという書き込みもあったので、偏差値や順位よりも、自分の到達点を確認して補完するようにしていこうと思います。

 

運命90、努力10

 

3連休、挽回なるか!?

7月は復習テストでクラス替えがないので、昨年と同様、息子にいろんなことを自覚してもらう機会にしようと思いました。

 

私:「テスト直し。5月SO、6月マンスリー、7月組み分けと3つたまっているけど、3連休で終わらせようね。そのためにどうしたらよいか、計画的にやってね。学校関係で半日弱つぶれることを忘れずにね。」

息子は毎週私が作成するやることリスト(テスト直しなどの積み残しも記載)をみながら、3連休は毎日、残をみながら就寝前に明日のやること宣言をしました。

 

結果発表です。
息子が「初日の1日でやる!」と宣言したことが終わったのは3日目の夕方でした。
息子は普通に一生懸命やっていたので、見積もりが甘いのです。己を知れ!

 

3日目の夕食後、ようやく5月SOのやりなおしに着手できました。

算数:ほぼ終わり。私がやり直しが必要と判断した問題のうち、わからない問題が1問あったので、それを後日回答をみて理解してもらう予定。

国語:漢字と言葉問題のみ再度やってみました。改善はしているものの惨敗。先日の漢検6級の結果は不合格だと思っていたほうが良いことがわかりました。

理科:家でやったらなんなく解ける問題あり。論理的につみあげて答えを出す問題に手がでず。夫がフォロー。

社会:未着手。

 

それから、算数の宿題で、割合に対する理解が怪しいことを発見。問題を解き進む中でカンで解いているところがあります。対策をうつためにある指示をだしましたが、案の定、変な回答が返ってくる問題が散見されました。明日、息子が学校から帰ってきたら、割合の問題の変な回答をしたところのやり直しをやって、5月SOのやり直しの続き、6月マンスリーのやり直しと進めていきたいです。

 

復習テストの勉強?
未着手です。。。

 

運命90、努力10

 

夏休みの計画

うーん、夏休みに挽回しようと思っていたことがたくさんありますが、どれもこれもだんだん難しくなってきました。
いや、最初から「難しい」と頭ではちゃんとわかっていたけど認めていなかっただけ。
もー、どーしよー、どーしよー(泣)。

 

しかも、息子が通う学校は夏休みに林間学校があるときた。それに参加すると夏季講習を2日も休むことになる。
あー、どうか算数の新単元にぶつかりませんように。そして、理科や社会がぶつかりませんように。

 

#夏休みの計画を練りたいけど、夏季講習の時間割が発表になっていないので中座しています。早く出して!気ばかりあせる私です。

 

運命90、努力10

 

5年 夏休み対策保護者会

いろいろとお話をしていただきましたが、我が家に関係があるところが中心のメモになっています。

 

【室長先生からの話】
・小さな達成感をたくさん与えてモチベーションをアップできるよう、家庭で工夫してほしい。夏休みの計画表はホームページからダウンロードできるので活用してほしい。

・塾のない日も学習はしてほしい。


【算数】
・5年生のポイント
 - 抽象になれること
  「習うより慣れろ」なところも多い。
 - 正確な計算力(スピードではなく正確さ)
  プロセスが大事になってくる(論理的に工夫して)。
  →立式や図表を書いて、なんとなくではなくしっかりと考えて答えを出すことが大事
 - 数の感覚を磨くこと
  これまでは知識として知っていればそれが得点に結びつくことが多かった。
  今後は、体験を伴わない知識は役に立たなくなる。

・夏季講習について
 1学期の復習が中心。
 新規の内容を取り上げる授業は4回で、比と割合に関するものが3回、線対称・点対象が1回。
 教材の量が多いので全部やろうと思わないように。1クールの休みで8割終わるように計画をたててほしい。

・授業全般について
 ノートをしっかりとる。

・基礎トレ
 5年生はまだまだ簡単だがちゃんとやるように。いつも満点をとること。

・BASIC
 内容はやさしいので例題はやらなくてもよい(問題だけで可)。
 一気にやることは意味がない、わけてやること。
 後期よりBASICのテストがはじまる。


【国語】
・夏の学習について
 国語を得意にしたければ(偏差値60を目指すのであれば)、選択肢問題は全問正解してほしい。そのために、夏休みは「国語の要」を自学自習してほしい。時間も意識してほしい。

・漢字について
 夏季講習中の漢字テストは90点以上を目指してほしい。最低でも80点はとるように。

・その他の学習について
 空いた時間は言葉ナビを眺めてほしい。優先順位は、慣用句、同音同訓異義語、対義語、類義語。故事は文章中に出てきたときに意味が分かればよい(今、やらなくてもよい)。


【理科】
・理科の5年生の授業について
 入試の95%以上は5年生までにやる。
 5年生では知識を重点的におさえる。例えば、星、花のつくりや受粉の仕組み、川、地層、音、光、燃焼。
 計算問題は5年後期から取り組む(算数の進度を考慮した計画をしている)。

・夏季講習について
 - 夏季講習は2,3日に1回となる。
 - コアプラスのテスト
  夏季講習中、毎回ある。時間がある夏休み前に前倒しで学習しておくこと。
 - 宿題
  テキストの問題は大問1-4は必須、5以降はクラスのレベルに合わせて講師が判断しているが時間があるときにやればよい。
 - DS
  偶数番号は次の授業までにやること。奇数番号は時間があるときにやってよい。
 - PC
 読んで理解すること。理科の図鑑は書いて覚える。

・9月以降の授業について
 物理、化学で計算が必要な内容を取り扱う。その際はノートに式を書いて考えるように。

・テスト直し
 正解率が高いところからやる。

・その他
 字は丁寧に書くこと。板書をうつすのに時間がかかりすぎる子がいるがこれはNG(ちゃんと講師の説明を聞けているか)。


【社会】
・今後の社会の授業について
 夏季講習は地理の総復習になる。
 9月以降 約半年は歴史にはいる。
 6年の前半は公民を実施する。

・夏季講習について
 演習問題を中心に取り扱う。テキストの構成もこれまでと変わる。
 宿題の確認問題は12-18分程度で解く。時間をかけすぎないように。
 DCは90点以上。

・その他
 歴史の先取りは不要。そんなことをする時間があればアトラスを開くように。
 隙間時間に白地図をやるように。