運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

息子の体のリズムが正確すぎて困る

塾の学年が6年になってからの息子の就寝時刻、起床時刻は、
22:30
6:30am
でした。
平日の塾がある日の就寝時刻は23:00によりますが、頑張って6:30amに起きるようにしていました。質問教室に行ったなどで23:00を超えた場合や疲れが見られる場合は、翌日の起床時刻を7:00amとしていました。
 
それが最近ずれこみ、塾がない日でも就寝時刻が23:00前後になります。塾がある日は23:00を超えることもあります。結果、今週の起床時刻はずっと7:00amです。
そうなるとどうなるか。
「いざ、学校へ出陣!」
というまさにその時刻になってもよおします。
どうやら、起床時刻にあわせて体内リズムも30分遅れになっているようです。結果、学校には遅刻して、遅刻理由書には、「ダラダラ歩いたため(さっさと歩けば間に合った)」と書いて提出しているらしいです。orz
たまにならいいけど、連日だと保護者に連絡がくるのではないかと怯えている母です。
 
 
運命90、努力10
 

午前・午後のダブル受験に備えて?

息子は午前午後のダブル受験を考えている日があります。
午後に受験する学校は偏差値的には安全校ですが、毎年受験者が増え、知名度もあがり、難度もじわりじわりと上昇傾向にある学校です。油断は禁物です。
 
午後受験にあたって一番気になるのは、
「午前を戦った後に、午後も戦えるのか。」
という不安です。
SAPIX上位層は、学校別SO、合判SOでダブル受験を経験しています。
そこで我が家は、11月の同日に合判と合不合を午前・午後でいれて試しました。
結果は偏差値上は問題ありませんでした。詳細をみていくといろいろあるかも知れませんが、数字の結果がだせていれば良いと思うので深追いはしていません。
 
12月も合判と合不合を午前・午後でいれて数字をみたほうがよいだろうと思い、Yのサイトで会場を調べました。ところが、申し込みを考えていた会場が満員でした。この会場で受験する子の大半は、午前中に息子と同じ会場で合判を受ける子だと思います。私が知らないだけで、みなさん、複数の塾の模試を受験しているんですね。。。
結局我が家は、12月は合判のみ受験することにしました。
というのも、元々の目的は、
「午後受験で戦えるか」
の確認です。これは11月に達成できています。
12月にもう一度確認したかったという思いは残りますが、「◯◯したほうがよい」を全部選んでいるとパンクしてしまいます。会場が満員だったことで気が付きました。
 

運命90、努力10
 

写真

全く実感がわきませんが、出願の準備をしなければならない時期になりました。
ブロ友さんの投稿を読んで知りました。最初、記事を読んでもピンとこず、PCのタスクトレイにあるカレンダーを表示して眺めて確認して、
「もうそんな時期なんだ。。。」
と知った、ダメダメな専任マネージャーです。
 
遅ればせながら今週末に、我が家も息子の写真を撮って編集して、アップして、印刷しました。
 
カメラ:私のスマホ
撮影者:私
編集者:夫
編集内容:切り抜きとサイズ調整
現像方法:可搬媒体にいれてコンビニの複合機で証明写真印刷を実施
費用:印刷代200円(4枚)
 
反省と後悔:
スマホ撮影後に、カメラアプリについている自動調整を実行して色味を調整するのを忘れていました。テンションがあがってきた息子に気を取られてそこまで気が回らなかったのです。息子に流されずに、母が落ち着いて息子をリードしなければいけないのに、いつものように息子と一緒になって盛り上がりながら落としどころを探していました。自分が情けない。。。
 
全体的な所感
小学生らしい表情で撮りたかったのですが、スケベそうな顔写真になりました。息子を写真撮影で拘束する時間は限界があるので(ケンカになる)、年齢相応の色気がでた写真になったと前向きに解釈し、これでよしとしました。
男子だし、面接ないし、スケベそうだからという理由で落とされることはないでしょう。
印刷は、夫がPCで編集して近所のコンビニで印刷しました。スマホやPCの画面で見たときよりも少し顔色が暗めの色合いの写真になっていました。街なかにあるセルフの証明写真機で撮影したのと同じ感じです。
ここで、スマホのカメラアプリの自動調整機能を実行していなかったことに気が付きました。orz
自動調整機能をかけたもので印刷し直すと改善されるかも知れませんが、効果がでるとは限らないし、この画像を使いまわします。

そうそう、家電量販店などに設置してある機械だと、裏にのりが付いたシール状の証明写真印刷ができるものがあるようです。初めから糊が付いていると写真の裏に名前が書きにくいですが、書けないことはないと思います(剥がれる可能性が低いし、書かなくても良いかもしれませんが)。
 

運命90、努力10
 

またやりやがった(--#)/、ビッグカメラ

SAPIX重大ニュースの巻末についていた、切り離して単語帳にできる暗記カード。
さっそく切り離してリングに通して息子に渡しました。喜んで受け取る息子(テストは出来ないけど時事ネタ好き)。
ところがー、
ズボンのポケットに入れたまま洗濯しました。orz
幸い天気がよく、日当たりの良いところに干して、無事回収しました。見てくれは悪くなりましたが、暗記カードの機能には問題ありません。
他の洗濯物への影響はありませんでした。というのも、ズボンのポケットにチャックがついていて、閉めた状態だったのです(嬉)。
 
暗記カードを洗濯しちゃった事件は今回が初めてではありません。春先に塾で配布された歴史の年号カードでも数回やりました。
普通なら、春の年号カードの件でこりて気をつける様になると思うのですが、息子は直後に「シュン」としただけでなんの改善もありません。その後も飴の包をポケットに入れたままズボンを洗濯機に入れるのは日常で、文句をいっても意に介せずです。だから、今回のことは起こるべくして起きました。
あまりやりたくはないけど、罰則を設けることにします。

ところで、2020年のビッグカメラのカレンダーの配布がはじまりました。我が家は昨日getしました。
欲しい方はお早めに。
 

運命90、努力10

過去問、模試、個人面談

過去問は、第一志望校は2019年度版以外のものを1通り終了し、今は第二志望校に取り組んでいます。
共に、算数と国語がネックです。
算数は、第一志望校は解説を読んでも理解できないけど、第二志望校は解説を読むと理解できるそうです。
国語は、第一志望校は足を引っ張らない程度に得点できますが、第二志望校は文章量が多く記述問題もあるのでてこずっています。
11月中旬になるので、志望順位にかかわらず、そろそろ得点できるようになってほしいのですが。。。
算数は、塾の保護者会で先生から、
「頑張ったら解けそうな問題は質問教室にもってきてください。それ以外は切り捨てる勇気が必要。時間がもったいない。」
といわれていますのでそれに従っています。
(従いたくなかったけどしょうがない。本当、時間がもったいないから。)
ネットを調べると、
「SSや土特で鍛えられるので、12月には簡単にクリア出来るようになった」
という書き込みを見かけるので、12月になったらできなかった問題に再チャレンジして、ここでつぶしていこうと思っています。
 
模試による分析は、息子は算数は基本はおさえられているように思います。だから、課題は底上げです。この時期になったので、正答率をみながら親が1つ1つ問題の内容や分野を確認していくしかないと覚悟を決めました(遅い?)。
合否判断は、学校別SO、合判SOで差があります。通説では合判SOのほうが正確といわれていますが、どうなんでしょう。
11月は午後受験のことを考えて、午前中に合判SO、午後に合不合をいれて受験をしました。数字を見る限り、午前午後のダブルでも力はだせているようです。
 
さて、これらをふまえて、
「結局、どこの学校を受験するの?」
という個人面談があります。
もうすぐ我が家の順番なのですが、憂鬱です。
というのも、これまで教育相談で何を聞いても相談しても的確な答えが得られず、
「忍法、煙に巻く!」
でドロンされることが多いのです。
ネットを見ていると、有効なアドバイスをいただいたとか、温かい手を差し伸べてもらえたなど聞きますが、本当に我が家は、毒にも薬にもならない話をされるか、冷たくあしらわれ、ドロンです(TT)
聞き方が悪いのかと思い悩んだこともありますが、そういうわけではないと思います。
そうこうしていたら、
「親子の性格をみて対応されている」
という話がでてきて、納得するやら、優しく取り扱ってもらうにはどうしたらいいものかと考え出し、複雑な気持ちです。
最近、インターエデュに、まるで私の気持ちを代弁してくれるかのような書き込みがいくつかありました。
過去問の得点率の悩みと受験校決定にあたっての悩みの投稿です。有識者から有効なレスがつくかもしれないので、引き続きウォッチしていこうと思います。
 
 
運命90、努力10