運命90、努力10

塾はSAPIX、2020年受験組 男児の母です。まれに、ブログの言葉遣いが乱れることがあります。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

電動鉛筆削り、300円也

鉛筆削りを買い直すことにしました。
100均や3coinsで売ってないかなぁとネットで調べたところ、DAISOで300円で取り扱っていることを発見したので。
 
DAISOの店舗検索をしていたら、本日、夫に出動命令をだしている学校の近くに大型店舗がありました。ここならおいていることでしょう。
学校に行った帰りに立ち寄ってもらいました。
ありました!
 
見た目はお洒落です。安っぽくはありません。
単三電池2本で動きます。
早速削ってみました。鉛筆を手でしっかりと持っていないと、モーターの回転に鉛筆が持っていかれます。新しい鉛筆削りなのでいくらでも削れる感じです。削り過ぎに要注意です。
 
この記事の中程に紹介されています。
 

運命90、努力10
 

電動鉛筆削りが壊れた

少し前から動きが鈍かった鉛筆削り。そろそろ電池を交換しないとと思っていたら、今日、ついに動かなくなりました。電池を交換しても動きません。
削りカスが溜まっているのかと思い、掃除したけどダメ。
ドライバーでネジを外して更に掃除したけどダメ。
これ以上は精密ドライバーが必要だけど、精密ドライバーがどこにしまってあるのかわからないのでここでストップ。夫の帰りを待ちます。
 
携帯用の鉛筆削りが2つあるので、今すぐどうということはないけれど、3月まで、いや贅沢は言わない、中学受験が終わるまではもってほしい。お願い、直って!
 
さて、一人っ子6年生。直らなかった場合にどうするか。
鉛筆派の息子だけど、中学にはいったらシャーペンが主流になっていくはず。
この時期だけど、買う?それとも買わないで我慢する?
 

運命90、努力10
 

昼下がりのGoogle Homeとの話

子「OK, Google. 言わぬが仏」
Google「チーン」
これを何回か繰り返して困っている息子。
 
私「(面白い発見だフフフ)意味は?とつけないとダメなんじゃない。」
子「OK, Google. 言わぬが仏の意味は?」
Google「XXXXによると、言わぬがフランスとは(後略)」
 
子「???」
私「フランスだって!笑笑笑笑」
子「あ!そういうことか。」
 
息子が聞きたいことを聞き終わった後に、私もチャレンジしました。
私「OK, Google. 言わぬが仏の意味は?」
Google「XXXXによると、言わぬが仏とは(後略)」
とちゃんと「ホトケ」という読みで返ってきました。
 
子「なおったのかな。」
私「わかんないね。もう一回、さっきのとおりやってみようか。」
私「OK, Google. 言わぬが仏」
Google「チーン」
子「OK, Google. 言わぬが仏」
Google「チーン」
私「OK, Google. 言わぬが仏の意味は?」
Google「XXXXによると、言わぬがフランスとは(後略)」
私「再現した!でも、どうしてこうなるんだろう???」

それから、違和感があるので息子のテキストをみたら、
「言わぬぬが■」の穴埋め問題でした。
息子:「仏」
解答:「花」
となっていて、自分の答えでも問題がないかどうかを確認するために聞いたようです。
ちなみに、
「言わぬが花」
「知らぬが仏」
です。
同じgoogleに聞くのでも、キーボードで打ち込んで調べたら、検索結果一覧の先頭にそのことが表示されます。
 

運命90、努力10

中学へのDaily Exercises

昨日SAPIXからもらってきたものは、

「中学へのDaily Exercises」の2月号と3月号です。

英数国のドリルで1ページ/日やっていくようになっています。

1週間の内訳は、数学4日・英語2日・国語1日です。

 

先輩方のブログを拝見していて配布されることは知っていましたが、実際に配布されると戸惑います。「Y-SAPIXもよろしくね」というお手紙もありました。

へろへろへろ・・・ハハハハハハ

 

 

運命90、努力10

 

今日の様子

息子は、今週から学校をお休みして、家で過ごしています。
今のところ、親子バトルなしで過ごせています。
 
勉強内容は、いろいろ考えた結果、SAPIXの教材は宿題やコアプラス系のものはやるけどそれ以外はスルーして、入試問題ばかりを集めた市販の問題集をすることにしました。
各教科1時間でやって30分で直しと休憩、毎日4教科をまわす計画をたてました。厳しいかなぁと思ったのですが、やはり厳しかったです。おそらく今日は3教科でストップです。
昼食前には夏休みぶりにWii-Fitをしました。30分という時間制限の中で筋トレ・ヨガを15分、余った時間は好きなことをやってよいとしました。息子は夢中になってやって、いい笑顔がみられ、私も嬉しくなりました。
 
SAPIXで土日の授業を担当された先生が(たまに息子のクラスを担当する)、
「死ぬ気で勉強しろ!勉強し過ぎて死んだ人はいない!」
とおっしゃったそうです。
ただいま、我が家にとって、とても重宝する言葉になっています。
例えば、先にあげた問題集の計画がタイトすぎると息子からクレームがあったら、
「死ぬ気で勉強しろ!」
と言って返しています(笑)。
 
息子は今、算数の問題に悪戦苦闘しています。1問あたりにかかる時間を1分縮められたらいいんだけど。。。
私もこのブログが書き終わったら、おやつ作り(焼き芋)にかかります。
 

運命90、努力10