運命90、努力10

公立小学校に通う真面目でマイペースな一人息子の中学受験について綴ります。2020年受験組です。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

勉強方法の見直し

6月のマンスリーテストの結果は芳しくありませんでした。
しかし、転んでもただではおきあがりませんよー!

息子との関わり方を見直してみました。具体的には勉強方法です。過去に読んだことがある先輩方のブログの記事を思い出し、我が家風にアレンジして実践中です。

 

【従来】
私の頭で週間の予定をイメージした後、日単位におとしこむ。
日単位にやることをリストアップしたものを一週間分作成し、息子に渡す。
やることは、「この教材の何ページ」というように具体的に指示。

 

【今(トライアル中)】
教科単位で、今週一週間でやらなければいけないことを紙にリストアップし、息子に渡す。
やることは、「テスト直し」、「教材の名前」、「○○教材の音読」という書き方で、従来に比べてぼんやりとした指示。
夜寝る前に、明日、家、学童でやることを息子に決めさせて報告させる。

 

トライアルを開始する前に私が息子に断ったことは、
「あなたが自分で考えて決めたことなんだから、ちゃんと守りなさい」
です。明日やることを息子に報告させる際にも時々この言葉をかけています。

 

どちらの方法でも、息子が1週間でやらなければいけないことは同じです。そのためにそれぞれの日で何をやらなければいけないのかも同じです。
そのことをわかってかわからずか、息子は過去に私が作成した指示書をみてやることを決めています。息子のやること宣言は私が過去に作成したものそのまんまです(笑)。

 

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」
共に、山本五十六さんの有名な言葉です。

これに、以前こちらのブログでも書いた
「少年は手を離せ、目を離すな」(アメリカインディアンの子育て四訓)

 

今のところ、息子とのバトルは減りました。
前日に自分でやることを決めたり宣言することがいいプレッシャーになっているようです。

ところで、【従来】のやり方は間違っていたのかでしょうか。私はそうは思いません。このステップがあったら、【今(トライアル中)】を試せているのだと思います。

10歳の息子が成長していることを実感中です。

 

Positive Thinking !

 

6月マンスリー(3)クラス決定

3つ落ちました。
5つ落ちると思っていたのでホッとしました(息子の校舎は、MAX5つまで変動します)。

コース基準表をみると、、、
各クラス10点ぐらいの幅があります。
これまではクラス内の差が1点とか2点のことが多かったので、10点も違うと全く別のクラスでした。子どもたちの学力に差がではじめたんだなぁと思って眺めています。

 

私は息子に結果を真摯に受け止めてもらいたいのですが、難しいみたいです。
お隣の席の子は僕より下のクラスで○クラスだったとか言って、ニコニコしていました。知らん!

 

そうそう、息子にばかりに要求をしてはいけません。
親も結果を真摯にうけとめ、高望みはしないように、だけど希望はすてずに息子の応援を続けます。

 

ギャングエイジの取扱い

最近の息子は、

感情の底辺でイライラしていることがある、触発するといっきに反抗的な態度になる、もめだすと本来の議論とは関係がないどうでもいいところにこだわりを見せやたらとそこを主張して自分の主張を通そうとする、一人では何もできない、まだまだ甘えたがる、、、
ざっと書き上げるとこんな感じで、まさにギャングエイジです。

小学校の4月の保護者会で、担任の先生から次のようなお言葉をいただきました。
「子どもたちは大抵のことは一人でできるし、正しい判断ができる年になっています。保護者は、一歩下がって見守るようにしてください。でも、絶対に目を離さないでください。危険なことや、しつけ上必要なことは譲らないでお子さんに言って聞かせてください。悪態をつく事はあると思いますが、そういうのはちょっと目をつぶってください。まともに相手をすると疲れるだけです。」

 

えー、えー、私もそうしたいですよ。(TT)
でもね、SAPIXに通う息子を、試しに少し突き放してみるかなんて、怖くてできません。

毎日毎日、ギャングエイジの男の子相手に、そりゃー、もう、大変です。orz

 

【アメリカインディアンの子育て四訓】
乳児はしっかり肌を離すな
幼児は肌を離せ、手を離すな
少年は手を離せ、目を離すな
青年は目を離せ、心を離すな

 

泣けてくる。

 

下のクラスと上のクラスの自宅学習の質の違い

私は中学から地元で有名な進学塾に通い始め、下から2番めのクラスから女子では最高位のクラスまで這い上がりました。
SAPIXと同じやり方の塾で、上のクラスも下のクラスも使っている参考書や問題集は同じで、宿題もほぼ同じでした。

私は下のクラスの時も上のクラスの時も宿題は全部やりました。
上のクラスで安定したときに気がついたのですが、宿題にかける時間は上のクラスでも下のクラスでもほぼ同じなんです。
では、何が変わったかというと、クラスがあがるにつれて今日のポイントはここだというのがわかるようになりました。解けるかどうかは別として、俯瞰するように問題を見ることができるようになりました。だからこそ、ひとつひとつを丁寧に取り組めるようになりました。一番変わったのが理科の資料集の見方です。下のクラスにいたころはただボーっと眺めるだけでしたが、上のクラスで安定してきたころには、一つ一つの資料がここに掲載されている理由を感じながら見ることができるようになりました。

 

今の息子を見ていると、私が下のクラスだったときの勉強の仕方をしています。

息子よ、早く目覚めよ!

 

6月マンスリー(2)結果

テストの結果が昨日アップされました。
算数は点数は下がったものの、偏差値はキープしました。
国語と理科は普通の人で、社会は点数より偏差値の数字のほうが大きいという悲惨な結果でした。
国語と理科は普通の人の成績が続いていますが、じんわりと普通の人からはみだしそうです(泣)。
息子は算数の成績がキープできたことで満足しているようで、全く落ち込んでいません。

来週、クラス分けの通知をもらってくるのでそこでズーンとくるんでしょうか。
落ち込んだら落ち込んだでやっかいなのですが、意に介さないというのも困ります。

私が読んでいるブログの諸先輩のお子さま方は、6月の成績が芳しくなかった方が多いのですが、結果をうけ反省し、その後、大きく成績をのばされています。
息子もそうなってほしいです。

 

6月マンスリー(1)テスト直後の感想

テスト直後の息子の感想は次の通り。
・算数は簡単だった
・国語は自分で文章を書く問題を後回しにしたら時間が足らなくなった
・理科は簡単だった
・社会はとても難しかった、習っていないことがたくさんでた

 

それをうけての私の感想は、
・算数はできたようなのでよかった。でも、うっかりがどれくらいあるかわからないから期待と覚悟の両方をしておく必要がある
・国語はなんだかんだいって自分で文章を書くところで部分点がかせげるようになってきていたし、後回しにしたのは正解なのかな?
・理科は息子のあのできで簡単だったなんてありえない、絶対にありえない
・社会は先輩方のブログで、テキストを「隅から隅まで」としつこく書いてあったので、テキストには書いてあったんあろうなぁ
です。

 

私の感想は、息子に伝えたこともあるし、私の心の中にしまったこともあります。

※ 息子の校舎はテスト問題が回収され、後日、回答と一緒に配布されました。

 

えっ、寝るの!?

「今日は疲れたから寝る、明日、朝はやく起きてやるから。」
そう言って、息子は20:30ごろに就寝しました。

「えっ!?マンスリー対策、なんにもできていないけど、どうするの?」と聞いたら、
「明日は土曜日だから明日やる」とのことです。

「土日は今週の宿題をやるのに手いっぱいなのになー。」と思いましたが、本人にまかせてみました。

「あー、ダメだ、こんなんじゃぁ。orz。マンスリー、絶対おちるよー(TT)」