運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

リングフィットアドベンチャー コンプリート 他

私事ですが、6月2日にリングフィットアドベンチャーをコンプリートしました。

そして翌日、息子もコンプリートしました。

夫はもう少しかかりそうです。

コンプリートしたら、「エクストラフィットネス」にすすめます。

 

休校期間中に息子は、次の2つの楽しみを覚えてしまいました。

・夫のコレクション(アニメ)をみる

任天堂swtichの体験版をダウンロードして楽しむ(只今ドラクエをやっています)

 

息子は、勉強や読書はやり忘れるけど、これらのお楽しみを忘れることはありません。

4年生までは学童通いで家には寝に帰るだけのような生活、5年からは塾に大忙しでTVやゲームを楽しむ時間がほとんどない生活と、バランスが悪かったのでいい機会だと思います。

しかし、最近、ちょっと心配に思うこともあります。学校の授業が本格的に始まったら、平日にアニメやゲームを見る時間はないと思います。ちゃんと勉強優先でできるでしょうか。不安です。

 

オンライン学習、入学式、学校再開

コロナの自粛解除の話が出ている一方で、数年スパンでの戦いという話もあります。受験生の保護者の方は、受験がどうなるかということとあわせて、自粛モードの時の学校の対応も気になるところだと思います。

塾の授業が休講になったりオンラインになったりしていると思うので、各ご家庭で考えをお持ちだと思います。

 

雑誌やネットの記事にも各学校の取り組みが取り上げられるようになってきたので見ていたら、息子校のことを取り上げた記事がありました。しかし、アップ(配信)したコンテンツ数だけがとりあげられていて、ちょっと不満です。質もよいと一言書いてほしかったなーという突っ込みです(笑)。本当に、質・量・配信方法とも適切で満足しております。

息子校は、広報活動があまりうまくないので、こういった記事に取り上げられるのはうれしいです。

 

勉強は学校の流れにのってすすめられています。

そうなると、次に気になるのが社会性の話。一人っ子の巣ごもりはきついです。寂しいそうです。小さい子だとスキンシップで解決するのでしょうが、そういう年齢でもありません。子供と大人の間で、その日・その時によって子供と大人の配合がかわります。寂しさを紛らわすために「かまちょ」になるのですが、相手をするのに疲れます。

例)欲求はお子ちゃまだけど、欲求を満たすためにだだをこねるところに理屈をもちだす

例)相手の上げ足をとって論破しようとする(話の腰を折る)だけなので、話に終わりが見えず家事を回さなければいけない私がイライラして暴れ大騒ぎになる

例)上げ足をとるたびにそれが自分の主張だというが、その主張を並べると一貫性がない

 

お年頃なんでしょうか(反抗期のはじまりっていうやつ)?

それともコロナ禍ってやつですか?

どっちも?

そんな中、入学式と学校再開の案内がきてほっとしています。

(東京都の新規感染者数が増えているのでまた予定が変わるかもしれませんが。)

 

 

運命90、努力10

 

暑い日のおやつ

数日前までの暑い日に作っていた簡単に作れるおやつを紹介します。
雨の日が続いて、窓さえ開けられれば涼しい風がはいってくる時にアップするのもタイミングが悪いですが、ご参考まで。
簡単なものばかりなので、ワーママでも気軽にできます。もちろん、暇しているお子様でもできますよー。
 
■冷凍バナナ
懐かしいおやつ。ラップを「ピィーッ!」と引っ張って上手に切れたら「どや顔」で自慢。騒ぎすぎるとラップ同士がくっついちゃっておじゃん(泣)。子供のころを思い出します。
今はエコを意識してラップは使わないで作っています。朝ごはんの時にその日に食べる分を輪切りにして、そのままタッパに入れてふたをして冷凍庫にいれています。これで3時には食べごろです。フォークでさして食べます。
作り置きする場合はラップを使ったほうが良いと思います。
おいしいけど、続くと飽きます。
 
酪農を応援しようと思って、毎週、宅配で牛乳と無糖ヨーグルトを買っていたら持て余し気味になってきました。そこで、
■スムージー
牛乳、バナナ
あとは好みでヨーグルトや甘味料、その他のフルーツをいれてミキサーで「ガーッ!!!」。私のおすすめはマンゴーです。 
 
■牛乳かん
寒天についていたレシピを見て作ったのですが、「砂糖」を「きび糖」にして作ったらロイヤルミルクティー色に仕上がり、お味もロイヤルミルクティーでした。優しい味で、美味しかったです。箱にはいっていた寒天4パックとも「きび糖」の牛乳かんになりました。
上白糖で真っ白な牛乳かんを甘さ控えめで作って、フルーツソースやジャムなどをかけて食べるのもおいしいです。我が家では、家族全員の1食分がはいる大きさのタッパにいれてふたをして保存して、食べる時は大きめのスプーンで豪快にすくって別の器にとりわけて食べます。
寒天は常温で固まるので、火からおろしたらさっさと容器にいれかえるのがポイントです。
ところで、牛乳かんって、ほぼほぼ杏仁豆腐なんですね。知らなかった。
 
■ヨーグルトバーク
無糖ヨーグルト400g-500gぐらい、それにはちみつ20g、果物やナッツ(飾り用)があればできます。簡単なのに、とーってもゴージャス。
百聞は一見に如かず、ネットで検索して写真を見てください。例えば、

作り方も上のリンクに載っています。

レシピのようにたくさんのフルーツを入れる必要はありません。家にあるものでOK、1種類でもOKです。缶詰や冷凍もありです。
私は前の晩にガーゼハンカチでヨーグルトの水切りができるようにセットしています。そうしておけば、翌朝には水切りヨーグルトが出来上がっています。朝ごはんの片づけの前に作れば3時ごろには食べられます。
 

オンライン学習(学校、塾)

息子校のオンライン学習はYouTubeコンテンツでGW明けから開始されました。
なかなか高品質です。
既にやっている先生や、他校、オンライン学習塾などからレクチャーしてもらったんでしょうか。
とにかく満足しております。詳細はこちらに書きました。
数学塾はリアルタイム・双方向でZOOMを使ったオンライン授業です。オンラインにきりかわって1か月になります。こちらも先生が落ち着いて授業を進めてくださり、スムーズです。
息子は、最初は襟を正してPCの前に座りしっかりとノートをとっていましたが、最近はだれています。先生が講義をしている最中にトイレに行ったりお茶を入れたり、飴を取りに行ったりしています。30分に1回ぐらい5分休憩があるので、講義中にトイレとかお茶とかは論外です。
カメラは初回はみなさんONにしていましたが、2回目から申し合わせたようにOFFです
。先生は、「カメラ・マイクはともにできるだけONにしてください。」と呼びかけているのですが、みなさんOFF・OFFです。息子もOFF・OFFにしています。カメラONだったら気軽に離席しないでしょう。カメラOFFが良いと思っていましたが考えものです。
 
英語塾は、紆余曲折あってようやく先週1回目のオンライン授業を受講できました。
本来は進度の違う数名を一度に見る半個別タイプの塾で2時間授業だったのですが、オンランは1:1の40分授業になります。息子の場合は準備講座生のため、固定の先生ではなく、空いている先生のところに入れますとのことでした。こもごも納得する場合はオンライン、納得できない場合は教室再開後の授業になりますとのことでした。
いつから再開になるかわかりませんし、試しにオンラインで受講してみました。そしたらオンライン授業の開口一番で、「先生は君のテキスト持っていないんだ。今、何を勉強しているの?」と言われました(ここの塾のテキストは生徒の学校が使用する教科書をもとに塾が作成したオリジナル教材です)。予習なし、テキストなしの先生でしたが、息子がカメラ越しにみせたテキストの画面を一見しただけでスラスラと授業をすすめてくれたので授業は問題ありませんでした。中1の最初ですし、どの教材も同じような内容なのでしょう。知識と経験がある人であれば問題なくこなせる内容だと思いますが、ムッとしました。
事務に報告と改善を求めましたがスルーされて、次回の日程調整のお知らせが入りました。コロナ禍とはいえ、残念な対応です。最初に紆余曲折と書きましたが、これまでもすれ違いのようなことが何度か起きています。ちょっと常識とするところが違うなぁと感じることが多い塾です。それから、英語圏仕様なのでしょうか、一切、謝りません。他にいい塾があればうつりたいのですが、息子が「わかりやすいし、僕にあっている」といいますし、コロナの状況で精力的にあちこちまわることも難しいです。悶々としています。
 
 
運命90、努力10

息子校もオンライン授業開始、次なる気がかりは、、、

やっと課題学習が開始になりました。
息子校は、「もうそろそろ●●やってくれないと困る(イライラMAX)!」と私がブツブツいいだしたら望んでいるアクションがある、そういう学校のようです。
 
オンライン学習もはじまりました。双方向・リアル・長時間拘束タイプではなく、YouTubeによくあがっている学習コンテンツのようなもので、学校の先生が登場して教科書やプリントを使って授業をすすめてくれます。
動画の配信予定表も配られましたので、計画的に取り組むことも出来ます。私立中学1年生なので学校に知り合いはいませんし、これで十分です。
詳細は以下にアップしました。
 
学習の件が解決した今、もっかの気がかりは息子の生活に刺激がないことです。一人っ子の巣ごもりで、外にも出たがりません。時節柄、子供を一人で歩かせるのはどうかと思い、買い物などの際に一緒に外に出て散歩するように促すのですが(店内にははいらない)、お友達に合うと面倒だとぐだぐだ言って抵抗します。そういうお年頃なのかもしれません。

そうえいば、GWに息子校まで歩かせたら(片道1時間、往復2時間)、最初は嫌がっていたけど帰ってきたらご機嫌だったなぁ。
途中で立ち寄ったコンビニで、無頓着な夫からジャンキーなドリンクを2本買ってもらって飲めたこと、女性のセクシーな広告写真があって盛り上がったとを楽しそうに話してくれたっけ(失笑)。
この土日にまた、夫のウォーキングに同伴させようっと。今度はどこがいいかなぁ(私が企画しないと、人が少ないといって渋谷や新宿などの繁華街に連れて行かれそう)。
 
 
運命90、努力10