運命90、努力10

2020年中学受験終了 男児の母です。塾はSAPIXでした。ブログ名の「運命90、努力10」は松下幸之助さんの言葉です。

お弁当について

例年だとSAPIXでも8月おわりに夏季志望校別特訓がはじまり、お弁当が必要になります。今年はコロナがあるのでどうなんでしょうか。また、9月以降のSS志望校別特訓でもお弁当が必要でしたが、今年はどうなるのでしょうか。
 
公立への進学を考えていない方は、気になるお弁当箱があれば先行投資(?)で買うのもありだと思います。
以下のブログで、持っているお弁当箱の一部を書きました。参考になれば幸いです。

ameblo.jp


お弁当の中身について少し買くと、息子のときは、手抜きをしたい時には
数日前にマイセンカツサンドを買ってきて、冷凍庫に保管してもたせていました。サラダやフルーツぐらいは作ってお弁当箱につめて、スープジャーにスープをいれてもたせていました。
今はコロナがあるので、手で直接もって食べるサンドイッチやおにぎりはさけたほうがよいと思います。私もマイセンは封印しています。おはしやフォーク、スプーンで食べられるもので、一口サイズにしてつめています(机におとして3秒ルールで口に入れられるの防止)。
 

ついにリングコンが壊れた

約3ヶ月の間、家族3人でフルに使ったリングフィットアドベンチャーのリングコンが、昨日お亡くなりになりました。

息子がもぐらたたきゲームをやっていたところ、接触不良のような感じになって、画面メッセージに従って再起動やらいろいろやってみたのですが復活しません。

「リングコンのソフトウェアの一部が壊れた」というようなメッセージがでます。エラーメッセージはソフトをさしていますが、壊れたのはハードのどこかだと思います。

 

十分に楽しんだので不満などはないのですが、まだまだ楽しみたい気持ちがあります。ちなみに、リングフィットアドベンチャーは、

①アドベンチャーモード

②エクストラフィットネス

③フィットネスマスター

とすすむらしいです。息子と私は②の途中なのですが、夫は①が終了していません。

夫は在宅とはいえサラリーマンで仕事をしているので、家族で一番自由になる時間が少ないです。その上、家族を先にやらせてくれるので自分の番がまわってきたときに面倒になって寝ちゃう日がちょくちょくありました。

 

目下の悩みは、リングコンを新調するか、「楽しかったね」で終わりにするかです。

 

有名中や過去問(裁断)

我が家は、本を開いた状態でスキャンできる機材があったのでそれで対応しました。高くて手が出なくてあきらめていたのですが、偶然、1万円か2万円で投げ売りされていたのを見つけて買っちゃいました。漢字の要やコアプラスの学習にも使いました。
 
有名中も過去問も厚みがあるので、このような機材がない場合は、裁断しないとうまくスキャン・コピーできないと思います。
裁断は、業者に依頼して裁断する方法と自分でやる方法があります。
業者に依頼するときれいにばっさりやってくれるとのことで、サピママには評判がよいです。難点はお店まで持っていくのが重いことでしょうか。
自宅で自分でやる方もいます。必要なページだけ切り取ってスキャン・コピーが終わったらもとのページの間に戻すという方もいれば、接着剤の部分を残して冊子のようにばらす方もいるようです(接着剤ごとカットする)。確か有名中は男子校、女子校、共学校とわかれていてその単位でカットしたと言っていた人がいました(すみません、うろ覚えです)。
 
蛇足】
息子が小学生のときは、「紙(テキスト、有名中、過去問)の管理ぐらい、やってやる」と思っていましたが、結構たいへんです。
仕事や家事と同じで、こだわってやりだしたらきりがありません。その時は必死でやっていましたが、今にして思えば、本当にあそこまでやらなければいけなかったんだろうかと思うこともあります。
しかし、ネットやリアルな知り合いに、「これはどういうふうにやった?」と聞いたら、もれなくみなさん親切に答えてくれます。つまり、みなさん、やっているということなんでしょうね。。。

有名中や過去問

有名中は、先輩方のブログを拝見していると一部の子はガンガン解きますが多くの子はあまり解きません。納得がいかない買い物になります。
しかし、買わないと他の子と足並みがそろわなくなるので買いました。
 
過去問(赤本)は、志望順位が高い学校はそろそろ入手しておいたほうがよいです。その際は、最新版であることの確認をお忘れなく。
受けようかどうか迷っている学校は受ける確率が高くなってから手配してもなんとかなります。最悪、Yのページからダウンロードできます(YのサイトでID登録(無料)すれば、殆どの学校の過去問を何年分もダウンロードできます)。Yのページ頼みになる可能性がある場合は、ちゃん掲載されれいるかどうかの確認はお忘れなく。
 
Yのサイトの話がでたので、コピーのことまで話をふくらませて書きます。
【有名中の宿題】
SAPIX生は、夏期講習中に有名中で指定があった学校の問題を解いて提出します。宿題は校舎によって違いますが、問題用紙・解答用紙・解答を一緒に封筒にいれて提出するというのは変わりません。
我が家はYのサイトで公開されているものはYのサイトからダウンロードして印刷して使いました。ただし、解答用紙は有名中のものを使いました。本当はYのサイトのものを使いたかったのですが、採点や確認をする先生へ配慮しました。
答え合わせとやり直しは有名中の回答を使いました。
 
【受験する学校の過去問】
受験する学校の過去問も同様です。赤本(過去問)は買いましたが、
学校のホームページで公開されている場合は学校のページで公開されているものを印刷して使いました。答え合わせとやり直しは赤本の解答を使いました。
印刷は、問題用紙・解答用紙ともに赤本に書いてあるサイズと様式にあわせました。
学校のホームページに問題が公開されていない場合は、Yのサイトで公開されているものを印刷して使いました(解答用紙もYのサイトで公開されているものを使いました)。答え合わせとやり直しは赤本の解答を使いました。
印刷は、問題用紙・解答用紙ともに赤本に書いてあるサイズと様式にあわせました。
 
有名中や赤本を購入したのに、どうしてわざわざYのサイトからダウンロードして印刷したものを使うのか。以下、Yのサイトの利点と欠点です。
【Yのサイトの利点】
●実物を電子化している!
 有名中や赤本は製本の都合にあわせてレイアウトされています。字が小さくて読みづらく、裏のページの字がすけているようないないような微妙な感じです。
●カラー印刷の有無がわかる
 最近、図表をカラー印刷して出題する学校が増えています。色の鮮明さはおちますが、Yだとカラーのものはカラーで掲載されています。赤本だと白黒印刷です。ただし、カラーだと気がつかなければ同じです。
●PDFで公開されているので印刷すればよいだけ、楽!
 裁断したり、スキャンする必要がありません。
 印刷サイズや様式は赤本に記載されているので、そのとおりに印刷しました。赤本を購入していない場合は、以下のサイトの検索ボックスに学校名をいれて検索してしらべました。 

iee9696.blog.fc2.com

 算数のサイズがのっているので、他の教科も同じだろうというザルな判断です。
●十分な量が公開されている!
 何年分公開されているかは学校によって違います。
 
【Yのサイトの欠点】
●複数回受験があるところは、1回目の受験問題しか公開されていない
●公開されていない場合もある
 年度や教科で歯抜けなことがあります
著作権などの問題で問題の一部がカットされていることがある
●たまにいがんでいる
●解答はあるが、解説が殆どない
 
参考になれば幸いです。
 
 

学校説明会などについて(番外編)

★加筆修正しました。
 
「えっ!そこ?」
という話です。コロナ禍で例年とは開催方法が変わってくると思いますが、参考まで。

(1) 資料が豪華、粗品がある
 これらの費用は誰が出しているのでしょうか。
 
 
(2) メインスピーカーについて
 誰がどのように話すかも含めて学校の価値で、学校との相性といってしまえばそうです。
 しかし、なにも考えずに比較すると損をするかもしれません。誰が話すかによって話し方も話す内容もかわってきます。保護者の方が見極めたいのは、プレゼンテーターの仕事ぶりではないですよね。それにしても、そもそもは誰が話すべきなのでしょうね。。。
 多くの学校は下の①から③の複合型でバランス良く配備して、それぞれが自分の担当の部分だけを話します。しかし、司会以外の殆どの話をメインスピーカーが担当する場合もあります。以下は、メインスピーカーが殆どの話を担当する説明会で私が感じた所感です。
 
①校長先生
 校長先生は、物静かな方から喋りが上手い人までいろいろいます。現場からあがった方もいれば、他校で校長を経験された方を召喚した場合、大学の先生などいろいろです。私見ですが、悪くなければいいと思います。
「学校は校長でかわる」といいますし、目がいきがちですが、現場へ悪影響を与えていなければ問題ありません。数年で変わるかたもいらっしゃいます。
 
②広報担当者(事務屋)
 生徒の学校生活に直接関係しないので、具体的なエピソードは弱いです。なんだか物足らなく、物足らなさが不安や低評価につながりやすいです。
 一方、生徒と直接関係がない分、小さなことから膨らませて、保護者が喜ぶ話にもっていく、エンターテイナーな方もいらっしゃいます。
 両者は雲泥の差です。広報担当者でひとくくりにして比較するのは危険です。
 
③現場の先生
 現場の先生が出てくる場合、はずれは少なく、保護者受けがいいです。授業のこと、部活のこと、進学のこと、生徒との具体的なエピソードをたくさん話してくれます。わかりやすい話が多く、共感できます。
 しかし、今、これだけの先生方がここにいるということは、授業はどうなっているんだろうと思う学校があります。授業がはいっていないとしても、学校説明会で話をするとなると準備がありますし。
 
 
(3) 参加している保護者の雰囲気
 どこの学校も同じような感じですが、数校、「違うわー」と思った学校があります。
 
 
(4) 学校説明会のあとの見学
 子どもたちからすると「ゾロゾロゾロゾロ」とおばちゃんがやってきて廊下越しに自分たちを見学していく、自分たちはまるで動物園の動物状態。入学したら見られる側になることをお忘れなく。
 成績上位者を集めたクラスがある学校は、ひと目でそのクラスがわかります。
 
 
(5) 学校公開、体験授業、部活経験、ふれあい体験など
 (4)と同じで、回数が多いとストレス・負担になります。
 日本は「ボランティア」活動が定着していない国なので、こういう形でいろいろなことを学ぶという考え方はあります。